佐瀬守男社長(築地銀だこ)の年収や年齢、経歴・学歴は?ラーメン屋に転身?

特番

佐瀬守男社長は、1997年に群馬県新田郡笠懸町(現・みどり市)で、たこ焼き店の築地銀だこをオープンしました。

佐瀬 守男社長の年収や年齢などを紹介していくとともに、ラーメン屋に転身したのかどうかも紹介します。

佐瀬守男社長(築地銀だこ)の年収は?

築地銀だこを経営している佐瀬守男社長は、国内だけではなく海外でも店舗を構えています。

そんな佐瀬 守男社長の年収は、実際には公開されていません。

あくまで推測になるのですが、いろいろな地域に店舗を構えているので5,000万円以上は、軽く稼いでいると思われます。

全国の社長の平均年収は、「4,381万円」という調査結果が「ビジネス心理学」という、ビジネスの情報サイトが公開しています。

社長といっても資本金や事業の規模などにより、年収は大きく開く場合があります。

「4,381万円」という金額は中小企業と大企業の社長の平均年収なので、有名で知名度の高い銀だこの社長なら5,000万円以上は稼いでいると思われます。

佐瀬守男社長(築地銀だこ)の年齢などのプロフィール

築地銀だこの佐瀬守男社長は、1962年10月16日生まれです。

なので年齢は、2020年1月現在では「57歳」で、2020年10月に58歳の誕生日を迎えます。

佐瀬守男社長の経歴は、東京YMCA国際ホテル専門学校卒業後に桐生市でホットランドを創業しています。

銀だこオープンよりも前に、たこ焼きや馬側焼などやかき氷、ラーメンなどをメニューとして出す店をオープンしていました。

売り上げはあまり良くなかったようですが、それでもメニューを増やして従業員を削減していくなどしましたが閉店してしまいます。

そんな経験を反省して1997年に群馬県新田郡笠懸町(現・みどり市)に、築地銀だこをオープンしました。

2003年には鎌倉山あずき茶屋1号店をオープンして、バンダイと提携して卓上ゲーム「くるくるタコポン!」を販売しています。

違う店舗かもしれませんが「鎌倉山あずき茶屋」を、食べログで見ると閉店しているようです。

店舗の看板には「たいやき茶屋」と記載していて、タイ焼きが入っている袋には「鎌倉山あずき茶屋」と記載していたようです。

2020年現在は、「銀のあん」という名前に代わり、「鎌倉山あずき茶屋」のサイトも今はありません。

佐瀬守男社長はラーメン屋に転身したって本当?

佐瀬守男社長は過去にラーメンもやっていましたが、現在国内ではやっていないようです。

ウィキペディアを参考にすると、2004年に香港で築地銀だこ1号店をオープンさせています。

やきとりのほっと屋・広島焼鉄人・田舎そばふるさとなど、いろいろな店舗を展開しています。

佐瀬守男社長のホットランドのサイトを参考にしても、ラーメン屋の店舗がないところを見ると転身はしていないようです。

過去の何でも屋で失敗したことを反省し、専門的な店舗を展開してい現在店舗が増殖中のようですね。

佐瀬守男社長(築地銀だこ)のまとめ

佐瀬守男社長は、国内だけではなく香港にも店舗を展開しています。

佐瀬 守男社長は、資本金が16億8,761万9,900円(2019年6月30日現在)あります。

なので、年収は数千万ではない可能性もあります。

情報がないので、予想としては5,000万円以上ということです。

築地銀だこの佐瀬 守男社長は、現在はたこ焼きだけではなく揚げ物などの店舗もあったり、タイ焼き専門の店舗もあったりしています。

2003年に「鎌倉山あずき茶屋1号店」をオープンさせていますが、現在は「銀のあん」

2003年には鎌倉山あずき茶屋1号店をオープンして、バンダイと提携して卓上ゲーム「くるくるタコポン!」を販売しています。

違う店舗かもしれませんが「鎌倉山あずき茶屋」を、食べログで見ると閉店しているようです。

店舗の看板には「たいやき茶屋」と記載していて、タイ焼きが入っている袋には「鎌倉山あずき茶屋」と記載していたようです。

2020年現在は、「銀のあん」という名前に代わり、「鎌倉山あずき茶屋」のサイトも今はありません。

スポンサーリンク
特番
スポンサーリンク
トレンドラマンガ