防振り続編の展開予想!メイプルを超える新キャラ現る!?

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。

2020年冬アニメの1つの、「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」

最終話まで放送されましたが、ペイン率いるギルド「集う聖剣」に追いつめられるも、見事逆転勝利したのが印象的ですね。

そんな防振りですが、番組のラストで続編の決定を示す表示があり、公式からの発表もされました!

これからどんな展開になっていくのでしょうか、予想していきたいと思います!

防振り続編の展開予想!新キャラは?


防振り続編が発表されましたが、気になるのはやっぱり新キャラの登場ですよね?

味方・敵キャラ共にまた新たに個性豊かなキャラが登場するのは間違いないでしょう。

そんなキャラを予想してみました。

味方キャラ

新たな極振りキャラ、もしくは極振りでなくとも一転に特化したキャラが出る可能性が濃厚です。

具体的には、LUK(運の値)やINT(魔法力)への極振りキャラですね。

INT系にはカナデがいますが、本人の天才的な能力と、魔法スキルや魔道具を駆使しての魔法系万能キャラに思えたので、新たな魔法攻撃特化キャラが出現してもおかしくないのではないかと予想します。

もしそうなると、メイプルが前衛を担当し、INT極振りキャラが後衛だと戦闘での相性は抜群なので、とても見ごたえのある連携バトルが期待できます!

期待の本命は運に極振りしたキャラです。

が、運というステータスを実装しているかどうかはアニメ1期時点では不明です。

実装している場合、実際のゲームでは目に見える効果のほどが分かり難いものが多いように思うので、どう見せるかが作者の腕の見せ所ですね。

逆に考えれば、圧倒的自由度を誇るキャラ構築が可能なので、良い意味でぶっ飛んだキャラになっていることが大いに期待できます。

敵キャラ

メイプル一強環境を壊すような敵キャラの登場が期待できます。

どんなキャラにも弱点が存在するのがゲームの常なので、そこを的確に突けるようなキャラメイクを施したキャラが出るかもしれません。

意図的にせよ偶然にせよ、そんなキャラがライバルとして出れば大盛り上がりすることでしょう。

作風的に偶然出来上がる可能性が高いですね。メイプルを知らずに入ったプレイヤーが、意図せずしてメイプルキラーに! なんてことは大いにあり得そうです。

意図的な場合、プロゲーマーもしくはそれに準ずる実力の持ち主とかだと、新たな作風が見れそうで面白そうです。

偶然出来上がった強敵に悔しがるガチ勢……なんてエピソードも期待できますが、あまり深く掘り下げようとすると、元の作風と離れすぎてしまうので、そこまで深掘りはされないかもしれませんね。

防振り続編の展開予想!既存キャラの強化

防振りの続編では既存キャラもメイプルに対抗できるような強さを手に入れるのではないでしょうか?

特に続編で強くなるのでは?と予想するキャラとギルドについて考察してみました。

ペインの更なる強化

最終話のラストで「俺はもっと強くなる」みたいなことを言っていたので、「楓の木」のメンバーを除いた既存キャラの中では、真っ先に強化対象になるだろうなと思いました。

しかし、1期の終盤で激闘を繰り広げているので、十分見せ場は貰えたと言えます。そう考えると、続編では活躍が減ってしまうかもしれません。

ですが、「集う聖剣」が「楓の木」のライバルギルドとして描かれれば、定期的に2グループの対決が見られるので、ペインを筆頭に更なる強化されたキャラたちが見られそうです。

「炎帝ノ国」の強化

「炎帝ノ国」は、舞台となっているゲーム「NewWorld Online」にて2大ギルドの1つとして数えられています。

2大ギルドのもう一つは「集う聖剣」です。

1期のラストでは「集う聖剣」が目立っていたこともあり、2期では「炎帝ノ国」の更なる活躍が期待できるかもしれませんね。

他キャラの強化

他にも様々な個性豊かなキャラクターが登場していましたね。

その辺りが更に強くなってリベンジ! とかもありえそうです。

新たなギルドの活躍も描かれそうですね。

既に存在しているギルドはもちろん、トップ層より1ランク下のプレイヤーが集ったギルドが新たに作られるなんて展開も面白そうです。

防振り続編の展開予想!メイプルを超える新キャラ現る!?まとめ

続編でのキャラクターについて考察してみましたが、いかがでしたでしょうか?

1期が終わって直ぐに続編のお知らせというのは、ファンとして嬉しい限りです。

楽しみに待ちたいですね!