シロクロパンダのキャスト相関図!メイン・脇役画像付きで紹介!

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う

2020年1月12日から放送開始するドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」。

キャストも話題になってますね。

ストーリーのあらすじやみどころも含めて、シロクロパンダについてご紹介します。

シロクロパンダのキャスト・メインと脇役も

まずはメインキャストから。

森嶋直樹

 

この投稿をInstagramで見る

 

. . GQ✨活動アカにPOSTしてます。 . . 「天使ですか✨?」 お気に入りの1枚♥ まつ毛、横顔王子✨ ご堪能下さい♥(笑) あえて、メイク加工無しで このクオリティ✨ 美しすぎる( ᵒ̴̶̷᷄௰ᵒ̴̶̷᷅ )♥ ୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧ ①このアカウント 裏垢🍉@ryuseiyokohama.r.y.9.16.sb ②活動アカウント 🐱@ryuseiyokohama.r.y.9.16.hana 💟最新情報更新アカウント 不定期で、非公開にさせて頂きます。 フォローリクエストは、 順次フォロバさせて下さい🙏 急激に、フォロワー数が増えると 停止になる場合がある為。 ③非公開アカウント 🚧@hana.ryuseiyokohama また、①、②のアカウントが 削除された場合の アカウントシェルター ※②のアカウントと同じPOSTをしています。 . ご迷惑になる為 まだ、フォロバしません。 一部の方々、謝ってフォロバしてしまいました💧 ごめんなさい🙏 ୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧ @ryuseiyokohama_official #ryuseiyokohama#横浜流星#横浜流星gram#横浜流星好きな人と繋がりたい#無敵流星#横浜流星群#横浜流星祭#はじこい#ゆりゆり#あなたの番です#ハナちゃんと横浜#4分間のマリーゴールド#君の瞳が問いかけている#シロクロパンダ#福士蒼汰

hana୨୧⑅*.♥ #ハナちゃんと横浜(@ryuseiyokohama.r.y.9.16.sb)がシェアした投稿 –

横浜流星:森嶋直樹/飼育員さん

主人公の森嶋直樹は今大人気の俳優、横浜流星さんが演じています。

極真空手が特技で、スタントなしでのアクションもこなします。

2019年6月から放送されていた「あなたの番ですー反撃編ー」でも、華麗なアクションが話題になりました。

森嶋直樹は大学生ながらメンタリストとしてテレビで活躍しています。

一方で飼育員さんと名乗り、”グレーゾーン”なことを、シロクロはっきりさせる活動も行っています。

抜群の洞察力で、相手を思うように行動させることができます。

しかし、共に活動しているミスパンダには振り回されることが多いです。

また、8年前に父親が失踪したうえ亡くなっており、その真相を探っています。

川田レン

 

この投稿をInstagramで見る

 

今日発売の東京カレンダー みてね^_^ おつかれーらいす。 約束のネバーランドにしました。

清野菜名(@seinonana)がシェアした投稿 –

清野菜名:川田レン/ミスパンダ

飼育員さんの相棒ミスパンダを演じるのは、清野菜名さんです。

ふんわりと可愛い容姿とは裏腹に、本格的なアクションを学んでいます。

そのアクションが認められて、映画「TOKYO TRIBE」でヒロインに抜擢されました。

川田レンは、かつては天才美少女棋士として有名になった囲碁棋士です。

しかし、10年前の事件のせいで勝てなくなっています。

そんな彼女は圧倒的な身体能力の持ち主でもあり、ミスパンダとして活躍しています。

 

続いて脇を固めるキャストです。

神代一樹

要潤:神代一樹

要潤さんはフリーディレクターの神代一樹役で出演しています。

「仮面ライダーアギト」の仮面ライダーG3役でデビューした要潤さん。

香川県出身で、「うどん県」香川のPRも担当しています。

二人のお子さんのパパでもあります。

神代一樹は視聴率第一主義のフリーディレクターで、視聴率のためなら真実と違っても構わず放送してしまいます。

ミスパンダに過剰な興味をいだいており、正体を暴こうとします。

佐島あずさ

 

この投稿をInstagramで見る

 

めっちゃ可愛いよね。 #白石聖が可愛すぎる#白石聖

綺愛良(@k.kiara.3617)がシェアした投稿 –

白石聖:佐島あずさ 

白石聖さんは2016年に「AKBラブナイト 恋工場」でデビューしました。

シロクロパンダでは直樹の恋人、佐島あずさを演じています。

佐島あずさは全日テレビで報道記者をやっており、組織に気を遣って報道内容を変えてしまうことを嫌がっています。

過去に「コアラ男」なる人物に誘拐されたことがあり、この事件もストーリーに絡んできそうです。

Mr.ノーコンプライアンス

佐藤二朗:Mr.ノーコンプライアンス 

個性的な存在感で、ちょい役でも気になって見てしまう佐藤二朗さん。

一度は会社員になるも俳優を諦められず、劇団を自ら作ってしまったという経歴をもちます。

堤幸彦監督に認められたことで俳優の道が開け、多くの作品に出演するようになります。

今作ではMr.ノーコンプライアンスという謎の人物を演じています。

Mr.ノーコンプライアンスは直樹にグレーな事件を調査するよう指令を出します。

法律の力の及ばないような事件に執着するのは、過去にあった出来事が関係しているようです。

 

一筋縄ではいかない登場人物を、キャスト陣がどう演じてくれるのか楽しみですね。

メイン二人のアクションにも期待大です。

シロクロパンダの相関図とあらすじ・みどころ

相関図で気になるのが、レンから直樹への”恋?”の部分ですよね。

操るために自分を好きにさせちゃうとか?

直樹には恋人もいるし、二人の関係性はどうなっていくんでしょうか。

 

シロクロパンダのあらすじ

人の心を読むことがうまい森嶋直樹と、とてつもない運動能力を持つ川田レン。

二人は表の顔としてメンタリストと囲碁棋士として活躍しています。

それとは別に、飼育員さんとミスパンダとして、真相のわからないグレーな事件を暴くという裏の顔がありました。

クロと決まった事件の犯人にはミスパンダが公開処刑しており、一部に熱狂的なファンがいます。

そんなミスパンダに興味をもったフリーディレクターの神代一樹は、二人を執拗に追い始めます。

グレーな事件に容赦なくシロクロつけていく、痛快シニカルミステリーです。

シロクロパンダのみどころはどこでしょうか。

メインの二人をはじめ、過去になにかあったキャラばかりなんですよね。

それがどんどん明るみになっていくんでしょう。

それらの事件がどう絡み合っていくのか、予測のつかないストーリー展開が見どころだと思います。

シロクロパンダのネットの反応は?

 

流星君の回し蹴りがステキすぎる!

直樹の眼鏡姿が最高にかっこいい。

ツイッターでは横浜流星さんの回し蹴り動画があふれかえってます。

確かにこの回し蹴りは美しいですよね。

流星さん関連以外のコメントが見つからないほど、流星さんへの期待値が高いです。

ファンにはたまらないドラマとなりそうです。

個人的には清野菜名さんのアクションも楽しみです。

アクションをされるイメージがまったくなかったので。

シロクロパンダのキャスト相関図まとめ

シロクロパンダのキャストはいかがでしたか?

人気と実力を併せ持ったメインの二人の周りを、要潤さんや佐藤二朗さんががっちりと固めてますね。

この相関図の関係性がどう変わっていくのか、どんなストーリーになるのか1月を楽しみに待ちましょう。