シロクロパンダ考察(最終回)!直輝とレンリコはどうなる?ネタバレあり

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う

シロクロパンダが最終回を迎えてしまいました。

俳優陣の演技もアクションも見ごたえ抜群の面白いドラマでしたね~。

直輝とレンリコはどうなったのか、ご紹介していきますよ。

シロクロパンダ第10話(最終回)考察!

 

この投稿をInstagramで見る

 

・ ・こんなに日曜日を楽しみに待つ2ヶ月は初めてだった ・ リコ・レン・ミスパンダっていう3人を演じてるのに一人一人の感情や思いがちゃんと伝わって心に染みて感動した。 ・ ・ ななちゃんの演技力はほんとにすごい✨自慢の推し、女優さんです ・ ・ ・ これからHuluみます! ・ ・ ななちゃんに伝われっ… ・ ・ ・ #ありがとうミスパンダ #ありがとうレン #ありがとうリコ #清野菜名 #横浜流星 #白でも黒でもない世界でパンダは笑う #シロクロ #ななちゃんありがとう #ななっこ #ななっこさんと繋がりたい

seinonana-77(@seino7777777)がシェアした投稿 –

それではシロクロパンダ最終回のあらすじからご紹介します。

あずさを刺そうとした直輝の前に飛び出し、刺されてしまったリコ。

1か月経っても意識が戻りません。

事件は終わりましたが直輝の心は晴れず、毎日リコのお見舞いに来ては色々と話しかける日々。

直輝はGOBANを訪ね、レンにしたことを謝罪。

春夫に怒りをぶつけられますが、ただ謝ることしかできません。

自分のしたことは間違っていたのかと思い詰めた直輝は、死を考えます。

そのとき急にパンダチャンネルが始まり、ミスパンダが「これからは自分の好きなように、グレーなやつをボコボコにしていく」と宣言して…。

神代を捕まえてボコボコにし、これからはこいつらとやっていきます、とアニマルチームを結成!

と見せかけて、直輝を救うためのお芝居でした。

リコはもっと前から目を覚ましており、神代に会っていました。

神代から直輝が死ぬつもりかもしれないと聞いたリコは、ミスパンダになり自分を消してもらおうと考えていました。

 

リコはGOBANの二人に、リコとして別れを言いに行きます。

さらに母親の麻衣子を面会に訪れ、別れを告げます。

 

直輝がアジトに行くと、ミスパンダが待っていました。

自分を消してほしいというリコですが、消したくない直輝は催眠をかけることができません。

しかし、リコは夢がかなったからもういいと言うのです。

じつは麻衣子に会ったとき、今までのことを謝罪され「私の娘でいてくれてありがとう」と言われていました。

それがリコの夢でした。

 

急に麻衣子の態度が変わってちょっと驚きましたが、リコよかったですね。

娘として認めてもらうことが夢だったなんて、切ないです。

 

さらにリコは、自分の代わりに死んでしまったレンに幸せになって欲しいと言います。

それを聞いて直輝は心を決め、別れのキスをしてリコに催眠をかけ、自分のことを含めてミスパンダとしての記憶を消すのでした。

 

あずさは父親の佐島のところへ行き、直輝が手に入らないのなら直輝を消してくれと頼みます。

しかし、佐島は警察に事情を話し罪を償おうと諭すのでした。

レンから自分の記憶が消えたことと、あずさが出頭したことを確認し、直輝は自分にも催眠をかけ、今までの記憶を消すのでした。

直輝とレンはどうなる?

レンは女流棋士として活躍していました。

お互いの記憶がなくなり、このまま2人は別れてしまうのかぁと、切なくなりました。

しかしある日、例のパンケーキの店に入ったレン。

パンケーキを注文し、ふと横を見るとそこには同じくパンケーキを食べようとする直輝が。

目が合い、見つめ合う2人。

なんだか2人の未来を想像しちゃう終わり方です。

お互いを思い出さないまま惹かれ合うとかステキですよね。

そうなって欲しいなと思えるラストでした。

でもシロクロパンダのことなんで、そんな恋愛展開にはならないのかな。

また二人でシロクロ付けだしても面白いですね。

 

huluではこの5年後の話を配信中。

2人がどうなったのか気になる人はチェックしてみては?

シロクロパンダ第10話(最終回)を見たネットの反応は?

泣けた、面白かったと最終回も絶賛されてますね。

2人が記憶を消して前に進もうとするのもよかったです。

これからもミスパンダとしてシロクロつけるよ、って感じの終わりかと思ってましたが、この終わりもいいですね。

シロクロパンダ第10話(最終回)考察ネタバレまとめ

シロクロパンダも最終回、あっと言う間の10話でしたね。

特に後半は毎回衝撃的な展開で、毎週楽しみでした。

考察も盛り上がって、3カ月間すごく楽しかったです。