山口遥(マラソン)がオリンピック出場目指して大阪国際マラソン優勝できるか?

スポーツ

マラソンランナーの山口遥さんは、大学時代は無名選手でした。

しかし、最近になってどうして取り上げられるようになったのかや、どれほどすごいランナーなのか気になるところですね。

今回は、山口遥さんのプロフィールや、大阪国際マラソンで優勝できるのかなどを考察を含めて紹介していきます。

山口遥さんのプロフィール

山口遥さんの年齢は2020年1月時点で、「32歳」です。

新栄高、玉川大で走り続けましたが全国的には、無名の存在でした。

大学を卒業してからは、東京のランニングクラブ「AC・KITA」に入ったそうです。

東京のランニングクラブ「AC・KITA」は、健常者と障がい者が自己記録更新から世界の表彰台までを目標にしているクラブチームです。

山口遥さんは「AC・KITA」に入り、気軽に楽しく走るつもりだったようです。

しかし、そのランニングクラブ「AC・KITA」で、意識の高いチームメイトを見て刺激を受けハードな練習もするようになったようです。

クラブチームに所属していますが、出場するレース数は実業団選手を上回っています。

2018年11月の大阪、2019年2月の別府大分毎日、同年3月の東京と約1ヶ月の間隔でレースに出場しています。

別府大分では優勝して、東京では自己記録を更新しました。

山口遥さんは28歳までは専業主婦でしたが、ブラインドマラソンの指導でも知られる安田享平コーチに指導してもらい真剣に競技に向き合うようになったようです。

普段は自主練習が中心のようですが、横浜から週に一度千葉で行われるチームの練習に参加しています。

レース数の多さについては「度胸が付くと思うので」と言って、「このレースでは記録を狙うと決めている」と計画をしているようです。

現在は、日本ブラインドマラソン協会の職員として働いていて、ブラインドランナーの練習や支援などもしているみたいですね。

山口遥さんは大阪国際マラソン優勝できる?

2020年1月26日(日)に、「第39回 大阪国際女子マラソン」が開催されます。

この模様を1月26日(日)12時~フジテレビ系の番組で、放送されるようです。

「奥村組スポーツスペシャル 第39回 大阪国際女子マラソン~東京五輪代表選考会~」として
生中継されます。

この生放送ではフリーアナウンサーの加藤綾子さんが、3度目の中継MCを務めるようです。

「第39回 大阪国際女子マラソン」に出場すると思われる選手は、以下の通りです。

福士加代子選手(ワコール)

松田瑞生選手(ダイハツ)

小原怜選手(天満屋)

谷本観月選手(天満屋)

阿部有香里選手(しまむら)

石井寿美選手(ヤマダ電機)

竹地志帆選手(ヤマダ電機)

田中華絵選手(資生堂)

山口遥選手(最強の市民ランナー)

大同美空選手(岩谷産業)

福士加代子選手(ワコール)は2020年1月現在「37歳」ですが、2016年の大阪国際女子マラソンで2度の優勝をはたしています。

さらに、過去にもいろいろなレースに出場して、優勝を果たしている強豪と言えるランナーです。

松田瑞生選手(ダイハツ)に関しても、優勝経験が少ないですが実力としては上位に上がるランナーです。

さすが、大阪国際マラソンに出場するだけあり、どのランナーも実力派ぞろいですね。

他の参加するランナーもかなり最強と言えるレベルなので、山口遥さんが優勝できる可能性はあるかどうかは分かりません。

山口遥さんのこれまでの頑張りが、大阪国際マラソンで優勝に導かれると良いですね。

山口遥さんの主な実績

山口遥さんは男女合わせて2万320人が参加する、「神戸新聞社共催・第9回神戸マラソン」に出場して優勝をしています。

他にもシンガポールマラソンや奈良マラソンなどにも、出場しています。

奈良マラソンでは山口遥さんは2年連続3度目の優勝を果たし、記録は2時間33分22秒で自身が保持していた大会新記録をさらに7分縮めました。

山口遥がオリンピック出場目指して大阪国際マラソン優勝できるか?まとめ

山口遥さんは、新栄高、玉川大で走り続けましたが当時は、全国的に無名の選手でした。

大学を卒業してから東京のランニングクラブ「AC・KITA」に入り、人生が大きく変化したようです。

ランニングクラブ「AC・KITA」の、意識の高い選手に刺激を受けてハードな練習をするようになりました。

山口遥さんは28歳までは専業主婦だったようですが、安田享平コーチに指導してもらい真剣に協議と向き合うようになりました。

午前5時から10キロ走って、家事を終えてから午前中に20キロ走るという、かなりハードなメニューをこなしている山口遥さんには、「第39回 大阪国際女子マラソン」で優勝してもらいたいですね。

スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンドラマンガ