TWOWEEKSで有馬役の三浦貴大と結城役の三浦春馬がついに対峙!

TWOWEEKS

三浦貴大さん演じるハードボイルドな刑事、有馬は、結城を見つけ出し、捕まえることができるのか。

義理の娘の命を優先するのか、刑事としての使命を果たすのか、葛藤する姿に注目です。

TWOWEEKSの有馬海忠役の三浦貴大とは!?

三浦貴大さんは1985年11月10日生まれの33歳です。

身長178cmのA型で、東京都の出身です。

父親は俳優の三浦友和さんで、母親は元歌手である山口百恵さんです。

このことは有名で広く知られていますね。

またお兄さんの三浦裕太朗さんも俳優、シンガーソングライターとして活動しています。

三浦貴大さんもその血をひいたサラブレッドと言って間違いないと思います。

中学校は成城学園中学校、高校は成城学園高校を卒業しています。

その後、順天堂大学スポーツ健康科学部に進学しています。

水球部とライフセービング部を経験しています。

どちらも体力系の部活ですね。

さらに全日本学生ライフセービング選手権大会ではオーシャンマンリレーで7位に入賞し、CPRコンテストではなんと3位を受賞という輝かしい実績を納めています。

2010年には映画『RAIL WAYS49歳で電車の運転士になった男の物語』で俳優デビューしました。

ここでの演技力が評価され、第34回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、第35回報知映画賞新人賞を受賞しました。

その他には映画『SPEC~天~』『SPEC~結~』『永遠の0』『怒り』など有名な映画に多数出演しています。

『怒り』では三浦貴大さんは刑事役でしたが、凶悪犯に対して、刑事として怒りをあらわに奮闘する刑事を演じていました。

ドラマでは2011年の『カレ、夫、男友達』が初めてのドラマ出演で、その後には『Women』『花燃ゆ』の第25話『リバース』『高嶺の花』に出演し、また現在はNHKのドラマ『いだてん~東京オリムピック噺』にて野田一雄役で出演しています。

『リバース』では村井隆明役を演じていました。

この村井隆明さんが議員秘書なのですが、嫌な感じの役なんですよね。

いつも要領よく上手く立ち回っていて、大学時代の仲間内では一番良い立ち位置で、しかも不倫までしていました。

でも実は村井隆明さんの奥さんには問題があり、本人もいつまでも秘書でいるのかという葛藤と周りからのプレッシャーもあったという繊細な面があり、そこも上手に演じていたと思います。

細かい表情や微妙なニュアンスでの物の言い方は下手したら棒読みになってしまうかと思うのですが、三浦貴大さんは実際にこんな人いるなと思わせるような自然な演技でした。

それから2010年から2015年まで『大正製薬リポビタンD』のCMに出演しました。

インパクトのあるCMで誰もが一度は目にしたことがあると思いますが、私が三浦貴大さんを初めて見たのもこのCMです。

5年間もイメージキャラクターを務めていただけあって、『リポビタンD』というと三浦貴大さんのイメージが根強いです。

TWOWEEKS第3話で有馬と結城がついに対峙

このドラマでは、三浦貴大さんは三浦春馬さん演じる容疑者、結城を追いかける刑事、有馬海志役を演じています。

また、比嘉愛未さん演じる青柳すみれの婚約者でもあります。

ちょっと複雑で難しい役どころですね。

刑事としてはベテランで、冷静さもありますが、プライベートでは婚約者とその子供に優しく接するギャップの一面があります。

表情や声が全然違いますね。

ですが実は、この子供というのは有馬刑事の子供ではありません。

では誰の子供なのかと言いますと、青柳すみれさんの元恋人である結城との間にできた子供なんですね。

なので、有馬刑事と青柳すみれさんが交際した時には既に子供がいたということになります。

交際相手に子供がいるというのも複雑な心境だと思いますが、それを受け入れ、子供も懐いている様子から有馬刑事の人間としての心の強さや、優しさを感じますね。

そして、この子供が白血病なんです。

すぐに手術をしないと命が危ない状態です。

そこで結城の血液が適合し、ドナーとして選ばれました。

つまり愛する娘の命を救えるキーポイントとなるのが結城なのですが、有馬刑事が容疑者として追っている相手でもあります。

けれど実は結城は無実なのですが、有馬刑事はそれをまだ知りません。

必死に結城を捕まえようと追いかけています。

複雑な糸が絡み合っていて、一筋縄では行かなさそうな人間模様ですね。

青柳すみれさんの父親が結城であるということも有馬刑事はまだ知りません。

事実ではないとしても、娘の父親が殺人犯だなんて知ってしまったら、心穏やかではいられませんよね。

刑事としてはどうしても犯人を捕まえなければなりませんが、父親として、また婚約者の為にも娘の命を守りたいといった葛藤に苛まれるのではないでしょうか。

結城とは一度すれ違いましたが、お互いに相手が刑事、殺人犯であるとは認識していませんでした。

結城が上手いこと変装していたのでおそらく有馬刑事も見落としてしまったようですね。

今後、二人が出会い、有馬刑事が結城を追い詰めていくことになると思いますが、有馬刑事がどのように追い詰めていくのか見どころですね。

三浦貴大さんは以前にも刑事役を演じたことがあるのですが、目力がありますし、迫力のあるワイルドな顔つきなので、刑事役ははまり役だと思います。

難しい役どころなのですが、三浦貴大さんは繊細な表現が上手で、役作りがリアルな所が魅力です。一つ一つの表情に注目したいです。

TWOWEEKS有馬役の三浦貴大についてまとめ

両親が俳優、元歌手の元に生まれた三浦貴大さん。

世間的には二世俳優というと親の七光りだと言われてしまうことが多いかも知れませんが、三浦貴大さんは、ご両親のことが広く知れ渡る前からドラマや映画、CMに出演されていました。

また演技力が認められての日本アカデミー賞や報知映画賞で受賞するという経歴を持っていますから、俳優としての実力は本物と言えますよね。

『TWOWEEKS』ではひたすら懸命に犯人を追いかける刑事役を熱演しています。

今までに数々の有名な映画やテレビドラマに出演してきた三浦貴大さんですが、見た目はワイルドで男前ですが、良い意味で人間のずるさが表れる演技や繊細な表情の演技が魅力的です。

ですが目力も強いので、ストレートに真っすぐなハードボイルドである今回の『TWOWEEKS』のような役柄もぴったりとはまっています。

これからどんどん結城を追い込んでいくと思われる有馬刑事ですが、ただ結城を追い詰めるのではなく、もしかしたら何かを感じ取り、心境に変化があるのかもしれない、そんな人間性にも期待して注目して見ていきたいですね。