田中史朗「VS嵐」バラエティでもいじられキャラ!?

VS嵐

ラグビーワールドカップが盛り上がってからというもの、連日のようにラグビー日本代表の選手が様々なメディアに引っ張りだこですね。

そんな中でも、田中史郎選手は多くの番組に出演しています。

いじられキャラのことからも子供受けするのかもしれません。

そんな田中史朗選手が「VS嵐」にも出演します。

田中選手の出演情報やプロフィールなどについてまとめてみました。

田中史朗選手のVS嵐出演情報

2020年のお正月に「VS嵐」の特番バラエティ番組が放送されます。

「ラグビー日本代表」vs「福岡ソフトバンクホークス」vs「嵐+カンニング竹山+山崎弘也」の三つ巴対決となるようです。

そのラグビー日本代表チームの一員として、田中史郎選手が出演します。

ラグビー日本代表チームと嵐のメンバーとの対決が待ち遠しいというラグビーファンも多いのではないでしょうか。

田中選手は小柄ですが、アトラクションでは小回りを利かせて活躍してくれるのではないでしょうか。

また、バラエティでもいじられキャラとして浸透しつつあります。

周りを安心させる温和なイメージと経験豊富なベテランなので、チームに安心感を与える存在と言えるかもしれません。

田中選手ならではの身体能力で、ゲームなどで威力を発揮してほしいですね。

田中史朗選手のプロフィール

田中史郎選手は、1985年生まれの33歳の選手です。

1月3日生まれなので、「VS嵐」の放送のある日に34歳になるということになります。

身長166cmのスクラムハーフ(SH)の選手です。

高校は、平尾誠二さんの出身校でスクールウォーズでも有名な伏見工業高校の出身です。

伏見工業高校1年生の時に、全国高校ラグビーで優勝の経験があります。

その後、京都産業大学に進学します。

その後、2007年に三洋電機ワイルドナイツ(現パナソニック)に加入します。

現在は、ジャパンラグビートップリーグのパナソニック・ワイルドナイツから移籍し、今季よりキャノン・イーグルスに所属しています。

スーパーラグビーでは、ニュージーランドの「ハイランダーズ」で4シーズンプレーをしていた経験があります。

ラグビーワールドカップ2019日本大会には、2011年、2015年に続く3大会目の出場となりました。

田中史朗選手のワールドカップでの活躍

田中史郎選手は、ラグビーワールドカップでベテランとしてチームを支える活躍をしました。

ワールドカップではスタメンでの出場は無かったものの、途中出場してゲームのテンポを変えたり、流れに勢いをつけるようなプレーがありました。

ベテラン選手として、ゲームを落ち着かせる働きなどが目立ちました。

スコットランド戦では、試合終了まで時間かせぎがうまかったように思います。

スクラムやラックなどからすぐにボールを出さず、選手の疲労も考慮しながら残り時間をうまくコントロールしていたように思います。

スコットランドに攻め込まれた後半ラスト25分、良いテンポで攻めたい選手もいたようですが、ディフェンスにまわす体力を維持するために遅いパス出しを心がけていました。

また、ベテランとしての存在感がチームに与える精神的影響が大きかったのかもしれません。

田中史朗選手「VS嵐」まとめ、感想

田中史朗選手は、非常によく泣いているというイメージを持たれている人も少なくないのではないでしょうか。

ラグビーの試合中や試合後だけでなく、テレビ番組などでも頻繁に涙を流しています。

そんなことから、ラグビー日本代表の皆さんからも、いじられキャラとしても定着しているように思います。

キャラクターの立つ田中選手だからこそ、テレビ番組にも向いているのかもしれません。

田中史郎選手に注目して、「VS嵐」の番組を楽しまれてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
VS嵐 フジテレビ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンドラマンガ