夏用マスク子供用作り方は?買うより作る方が良い?

マスク

暑い季節になってきて、マスクをするのがツラくなってきました。

子供ならなおさらしんどいし、熱中症も心配ですので子供用の夏用マスクが必要ですよね。

買うのもいいけど、作ってあげてみませんか?

簡単に作る方法をご紹介します。

夏用マスク子供用の作り方

型紙いらずでほとんど縫う必要もない作り方をご紹介します。

サイズは小学生用と幼児用の2サイズ。

立体的なので口にくっつかず、呼吸が楽な形ですね。

使用しているのはダイソーのしろくまクールタオルです。

必要なものはこれ一つでOK。

通気性がよく速乾素材なので熱がこもりにくいと思います。

本来は濡らして使うタオルですが、マスクなので濡らすのは止めてくださいね。

1枚で紐まで作れるのは嬉しいですね。

太目の紐なので子供でも耳が痛くなりにくく、付けるのを嫌がらないのではないでしょうか。

サイズなど作り方の詳細はこちら。

小学生用をメインに書いていきます。

作り方
  1. 柄の方向を確認し、横が20㎝(幼児用18㎝)になるようにして上から14cm(幼児用12cm)のところに印をつけます。
  2. その下に1cm幅で2本印をつけ、すべての線で切ります。
  3. 外表にして半分に折り、その真ん中の線に向かって上下を折ります。ズレないようにピンを打ちましょう。
  4. 折った上下の端を縫います。
  5. 左右から2.5cm、上下から1.5cmの印をつけます。
  6. 上の1枚を真ん中から印に沿って切ります。
  7. 左右から4cm(幼児用3.5㎝)のところに印をし、真ん中から1枚めくった内側に印をしたところから1cm内側にも印をつけます。
  8. 2つの印を合わせ、ピンでとめます。
  9. はみ出した部分を切ります。
  10. 左右を三つ折りにして、端を縫います。
  11. ここに紐を通して結べば完成です。

縫う箇所はマスクの上下と、ひもを入れる左右だけ。

動画ではミシンを使ってましたが、小さいサイズですし手縫いでも問題はないかなと思います。

使用する生地は他にもダブルガーゼやさらしなどは通気性がいいので、マスクに向いています。

ただ、一枚だけでは唾液の飛散を防げないかと思いますので、マスクの意味がないかもしれません。

重ねて作るのをおススメします。

着古したユニクロのエアリズムを使用して作っている人もいらっしゃいます。

さらっとした着心地のエアリズムなのでマスクにもよさそうですね。

夏用マスク子供用通販

夏用マスクの子供用は通販で買えるんでしょうか。

楽天では、接触冷感素材で洗える子供用マスクが色々と販売されています。

可愛いイラストのついたマスクも売ってますので、お子様も楽しく付けてもらえるかも。

夏用マスクは繰り返し使える、洗えるものが多いですね。

小さいお子さんは失くすことも多いので、使い捨てで涼しいものがあると嬉しいという方は、こちらはどうでしょうか。

 

冷感はありませんが、通気性抜群のマスクです。

夏用マスク子供用手作り通販比較

子供が使う夏用マスクは手作りでも問題ないんでしょうか。

市販されているマスクは不織布という非常に目の細かい素材で作られています。

さらにフィルターも組み込まれているので、唾液の飛散を防ぎ、ウイルスを捕まえることができるのです。

手づくりマスクでは今回ご紹介した方法も含めて、フィルターを入れている人は少ないでしょう。

フィルター自体は楽天などで販売されているので、それを入れれるポケットを作れば使用できます。

 

では、フィルターが入っていない手づくりマスクは意味がないんでしょうか。

フィルターが入っていなくても、ある程度目のつまった布を使えば唾液の飛散は防げますし、周りからの飛散物が直接口に付くことは防げると思います。

さらに子供で心配なのは何か触った手を口に持って行ってしまうことだと思います。

それについてはマスクをしていることで防げるでしょう。

マスクを手作りされる際は素材に気をつけるといいかなと思います。

 

こんな実験をされている方もいらっしゃったのでご参考までに載せておきます。

マスクを手作りするときは、試しに実験してみてもいいかもしれませんね。

夏用マスク子供用まとめ

夏用マスクについて色々とご紹介しました。

子供用に作ろうかなと思っている方の参考になれば嬉しいです。

また、大人の夏用マスクのおすすめはこちら

スポンサーリンク
マスク
スポンサーリンク
トレンドラマンガ