セミオトコの感想!第2話の展開が早すぎる山田涼介と木南晴夏のキスシーン!

セミオトコ

セミオトコの第2話は、山田涼介と木南晴夏のキスシーンがあるのかどうか気になりませんか?

展開が早すぎる気もしますが、7日間という設定なので話も駆け足なのかもしれません。

セもオトコの第2話の感想を書いていきます。

セミオトコでキスシーンってあるの?


第2話では山田涼介さん演じるセミオと、木南晴夏さん演じる大川由香のキスシーンがあるのかと思いました。

セミオが寝ているときに、大川由香がじっと見つめ「美しい・・・」と、つぶやきじっと見つめます。

そのときに大川由香はキスをしたくなる衝動が駆られましたが、すぐに冷静になり「結局名前も知らないし、同棲なの?」と、そのように取り乱してしまいます。

セミオの寝顔を見て思わずキスをしようとしますが、悪魔と天使を演じて冷静になろうとします。

話の展開が早すぎると思ったのですが、キスシーンは第2話ではないらしいです。

こういうシーンを見ると山田涼介さんのファンも、ヤキモキするでしょうしドキドキする人もいるのではないでしょうか。

第2話のツィッターでの反応は、以下のとおりです。

以上、ツィッターの反応です。

山田涼介さんのキスシーンは、やっぱりファンのことも考えてキスシーンは今はないのかもしれません。

人気のあるアイドルなので、キスシーンなんかあるとファンからの「バッシング」が、やっぱり怖いのかもしれません。

しかし、木南晴夏さんも結構美人なので、つり合いは取れそうですが。

山田涼介さんといえば、「もみ消して冬?わが家の問題なかったことに」と言うドラマにも、出演しています。

同じようにキスシーンは、音だけで省かれているみたいですね。

ツィッターでは山田涼介さんのキスシーンを期待している反面、見たくないっていう感じのツイートが多いです。

山田涼介さんはどうしてキスシーンでキスをしない?

山田涼介さんはこれまで、色々なドラマに出演をしています。

しかし、どのキスシーンも何らかの原因で、はぐらかされた感じになっています。

今回のセミオトコもキスシーンは、音だけでした。

ただ、山田涼介さんだけではなく、キスシーンは一部の人の場合は本当にキスはしていないのです。

山田涼介さんは、暗殺教室でキスシーンはありましたが、このシーンは角度でごまかしている感じです。

人気があるのでキスシーンは、出来る限り省くつもりなのかもしれません。

山田涼介さんは過去に問題発言をしており、人生初のラブストーリー作品で「キスがしたいです! キスがしたいです(笑い)」と発言したそうです。

この「キスしたい」と言う発言が影響したかはわかりませんが、「カインとアベル」の初回視聴率は月9最低の8.8%だったそうです。

とはいえ、セミオトコの視聴率第1話「4%」よりも、マシな気がします。

ちなみに、第2話の視聴率は「4.4%」です。

でも、「カインとアベル」の放送時間は「21時 – 22時」だったので視聴率は、高くて当然かも知れません。

セミオトコの感想!第2話の展開が早すぎるまとめ

セミオトコの第2話では、恋愛に発展して急展開を見せるのかと思っていました。

しかし、もし山田涼介さんのキスシーンがあった場合は、ひょっとしたら視聴率が落ちる可能性も否定できません。

ツィッターの反応でもキスシーンは期待していても、「見るのは無理」と言う意見がチラホラとありました。

なので、山田涼介さんのキスシーンは、音だけでほとんど省かれそうです。

セミオトコは基本的にラブコメディなので、ドキドキするようなキスシーンなどはないかもしれません。

しかし、おかゆにメイプルシロップを入れるのって、ちょっと気持ち悪いですが公式では、レシピが掲載されています。

公式のレシピ通りに作れば、きっと美味しいと思われます。

第3話はどういう話の展開になるのか、楽しみですね。