ラグビーWカップ「南アフリカVSイタリア」試合結果と次戦予想!

イタリア

ナミビアとカナダに連勝し、好調を維持しているイタリアが強豪南アフリカとの一戦に挑みました。

静岡のエコパスタジアムで行なわれた試合はイタリアにとってベスト8進出を賭けた大事な試合となりました。

そんな、南アフリカVSイタリアの試合結果や次戦への展望をまとめてみました。

南アフリカVSイタリアの試合結果と見どころ

南アフリカVSイタリアは、49-3で南アフリカが勝利しました。

開始5分、南アフリカがパス展開からコルビ選手がトライして先制し7-0とします。

一方、イタリアはペナルティキックで3点を返します。

その後、南アフリカもキックを決め10-3となります。

23分前後までイタリアも攻撃し、良い試合をしていたと思います。

しかし26分、南アフリカがモールでの強さを見せトライします。17-3となります。

そのまま、17-3で前半を折り返します。

後半44分にも南アフリカがトライをして22-3となります。

さらに、南アフリカはトライを重ね、イタリアは30-3と引き離されてしまいます。

イタリアは南アフリカの強いフィジカルに対抗したかったですが、フォワード最前列の右プロップが怪我をしてしまったのが大きかったかもしれません。

32-3の状況で攻守切り替わる時間帯となりました。

しかし、その後もキックパスなどで南アフリカがトライを重ねて39-3となります。

76分にもWTBのコルビ選手の素晴らしいタックルからトライし、44-3となりました。

最終的には49-3でノーサイドとなりました。

後半に入って、特に南アフリカの強さが光りました。

南アフリカはモールで押し込むシーンなど「やはりフィジカルが強いなぁ」という印象でした。

南アフリカは4トライ以上し、勝点5をとることができました。

試合序盤こそ、イタリアも良いプレーをしていたものの、終わってみれば大差で一方的な得点差となりました。

イタリアは南アフリカという強豪相手に攻めるシーンも結構あり、前半は良さも出ていたのではないでしょうか。

後半途中から点差が開くことで、集中力が切れてしまったのかもしれません。

4大会連続2勝止まりだったイタリアにとっては何とか勝ちたい試合だったのではないかと思います。

見どころは、強豪南アフリカ相手に好調のイタリアがどこまでやれているかという点だと思います。

また、イタリアの主将(キャプテン)のセルジオ・パリセ選手は、ワールドカップ出場5大会となります。

これは、歴代トップタイの記録となります。

そういった面に注目して観戦しても楽しいかもしれません。

南アフリカの次戦予想。優勢!?ベスト8進出濃厚か!?

南アフリカ代表の次戦の相手は、カナダです。

ニュージーランドとイタリアに連敗しているカナダ相手なだけでに、少し楽な試合となるかもしれません。

ニュージーランドとの一戦では相手が強いとはいえ、カナダの良いところはあまりありませんでした。

点数も63-0と大差がついた試合となりました。

そのため、南アフリカも普段通りの試合ができれば勝てるのではないでしょうか。

南アフリカは初戦でニュージーランドに負けたもののナミビアには快勝し、イタリア戦でも大勝しました。

カナダ戦をしっかり勝って、ベスト8進出を決めたいところではないでしょうか。

イタリアの次戦予想!まだチャンスあり!?

イタリア代表の次戦の相手は、ニュージーランドです。

イタリアにとっては南アフリカ戦に続き、強豪相手との連戦になります。

しかし、ニュージーランド相手の戦い次第ではベスト8進出の可能性もまだなくはありません。

負けたとしても点差を抑えることで「7点差以内の負けは勝ち点1」などがつきます。

イタリアにとってはベスト8へ向けたチャレンジとなるでしょう。

ニュージーランドがベストメンバーでくるのかサブメンバー中心になるのかはわかりませんが、状況次第ではイタリアにもチャンスがあるのではないかと思います。

南アフリカVSイタリアのまとめ

イタリアにとっては初の決勝トーナメントに向け、是非勝っておきたい試合でした。

カナダに対しての大差で勝ち連勝で波の乗るイタリアはニュージーランドか南アフリカのどちらかを倒さなければいけないという状況でした。

しかし、試合の結果は南アフリカの強さが際立った試合となりました。

どちらのチームにもベスト8進出の可能性が残されているので、今後も目の離せない状況となるのではないでしょうか。