ラグビーWカップ「ニュージーランドVSナミビア」試合結果と見どころ!次戦予想!!

ナミビア

ニュージーランドVSナミビアは、世界最強軍団と今大会ランキング最下位の国との対決となりました。

ここまで磐石な試合結果を残すニュージーランドがどういうメンバーで戦うのかが注目されました。

そんな、ニュージーランドVSナミビアの試合結果と次戦への展望についてまとめてみました。

ニュージーランドVSナミビアの試合結果と見どころ

ニュージーランドVSナミビアは、71-9でニュージーランドが勝利しました。

今大会、最大得点差の試合となりました。

ニュージーランドは正メンバーではなく、控え中心のメンバー構成となりました。

スタンドオフにはボーデン・バレット選手の弟のジョーディーバレット選手が入ります。

試合はナミビアがペナルティキックで3-0と先制します。

しかし、ニュージーランドはすぐにトライをし5-3とします。

ジョーディーバレットがキックを外してしまいます。

23分にもニュージーランドがトライし10-3としますが、これもコンバージョンキックを外してしまいます。

25分にはナミビアが遠い距離のペナルティキックを決め、10-6とします。

その後もナミビアはボールを奪い疾走する場面などがあり、健闘していたと思います。

ナミビアの攻撃の時間もあり、30分くらいまではいい勝負をしていたのではないでしょうか。

ナミビアがペナルティキックを選択し成功して10-9とします。

30分には危険なタックルでニュージーランドにシンビン(10分間の退場)が出ます。

ナミビアも必死のディフェンスを続けますが、35分にニュージーランドがトライしキックも決め17-9とします。

ボールをキープし続けたニュージーランドの強さが出ました。

前半最後のプレーでもニュージーランドがトライし24-9となります。

前半を24-9でニュージーランドがリードして折り返します。

後半開始直後にもニュージーランドがトライします。

43分には31-9とナミビアを突き放します。

ナミビアは徐々にディフェンスをする時間が長くなっていきます。

ニュージーランドは後半、強豪らしく、パス回しの正確さが際立っていたように思います。

ナミビアも攻撃したいところでしたが、すぐにターンオーバーされてしまいます。

後半途中からはニュージーランドがトライを重ねていきます。

ナミビアはラインアウトなどでもミスをし、集中力に欠けていたように思います。

60分には点差も52-9と広がってしまいました。

63分にようやくナミビアが攻め込むシーンがあり会場が沸きました。

しかし、残り10分の頃には59-9と大差になってしまいました。

最終的には、ニュージーランドが71得点します。

試合序盤はナミビアも健闘していましたが、終わってみれば11トライとニュージーランドが今大会最多のトライ数で強さを見せつけた試合となりました。

ニュージーランドの次戦予想!台風による中止

ニュージーランドの次戦の対戦相手は、イタリアです。

しかし、10月10日現在、台風19号の影響により、ニュージーランドVSイタリアの試合の中止が発表されました。

これにより、引き分け扱いとなり、両チームに勝ち点2が与えられます。

ニュージーランドにとってはベスト8進出に変動はありませんが、順位には影響がありそうです。

ナミビア戦では主力を温存できたので、正メンバーは疲労をとれたのではないでしょうか。

また、台風によりイタリア戦も休むことで決勝トーナメントに向け万全の準備ができそうです。

しかし、ナミビア戦では、先発となったジョーディーバレット選手が前半2つのキックを連続で外してしまったので、精度が少し気になるところです。

>>【ノーサイドゲーム】オールブラックスとは?日本人もいる??

ナミビアの次戦予想!とにかく1勝目指す!

ナミビアの次戦の対戦相手は、カナダです。

ナミビアにとっては、何とか1勝をあげたい試合となります。

今大会、カナダもイタリア相手に大敗するなど、あまり成績が良くありませんでした。

ナミビアが躍動すれば勝つこともできるのではないかと思います。

ニュージーランド戦では正メンバーではないとはいえ、前半はニュージーランド相手に良いプレーをしていたと思います。

特に、前半30分くらいまでは素晴らしかったと思います。

集中力を持続させて80分間プレーすれば、カナダ相手に勝利することも難しくないと思います。

>>「ナミビア」ラグビーWカップ2019! 注目選手は元トヨタのイケメン、ボスマ!

ニュージーランドVSナミビアのまとめ

ニュージーランドVSナミビアは、会場全体がどこかナミビアを応援するあたたかく見守る試合となりました。

結果的にはニュージーンドの圧勝で今大会最多の11トライを挙げましたが、試合序盤はナミビアも健闘していたと思います。

ナミビアは今後の試合で、何とか1勝をあげて爪あとを残して欲しいと思います。

>>ラグビーWカップ「ニュージーランドVS南アフリカ」の試合結果と次戦の予想