ニュージーランド対アイルランドの対戦成績と結果は?ラグビーWカップ2019

アイルランド

ベスト8の初戦としてオールブラックスの試合が行なわれました。

ニュージーランドは最終戦のフランス戦が台風で中止となったので、たっぷり休養をとったうえでの試合となりました。

一方、アイルランドはベスト4への壁を打ち破る大きな敵との対戦となりました。

そんな、ニュージーランドVSアイルランドの試合結果や次戦展望などについてまとめてみました。

ニュージーランドVSアイルランドの対戦成績・試合結果

まず、これまでの両国の対戦成績は、

ニュージーランドの28勝2敗1分けと大きく差が開いています。

しかし、直近3度の対戦は、なんとアイルランドの2勝。

昨年11月のアイルランドで行なわれたテストマッチで、アイルランドは16-9で勝利しています。

これは、2016年の勝利に続いての連勝となっています。

しかし、3連勝とはならず、ニュージーランド対アイルランドは46-14でニュージーランドが勝利しました。

前半戦の見どころ。終始ニュージーランドペース

台風の影響で試合が2週間あいたニュージーランドは、ベストメンバーを揃えてきました。

開始6分、ニュージーランドがペナルティキックを狙い成功、3-0と先制します。

13分、ニュージーランドの連続攻撃から最後はスクラムハーフのアーロン・スミス選手が中央にトライします。

10-0となります。

17分にはアイルランドがタッチキックにボールを出そうとしますが、リッチー・モウンガ選手がラインぎりぎりでインボールにします。

19分、ニュージーランドがスピードとパスワークを活かしトライをあげます。

17-0となります。

攻守交代などの戦いが続き、前半30分が経ちます。

31分、相手のスキをつきボーデンバレット選手がボールをキックしながら進み、トライをあげます。

コンバージョンキックは外れますが、ニュージーランドが22-0と点差を広げます。

アイルランドは前半最後のプレーでもトライぎりぎりまでいきながら得点できませんでした。

そのまま、22-0でニュージーランドがリードして前半を折り返します。

後半も優勢は変わらず・・・。

後半開始後もニュージーランドは攻撃の手を緩めず、アイルランドはディフェンスする時間が長くなりました。

47分、再三の仕掛けからニュージーランドがフィールド中央にトライします。

29-0とニュージーランドが大きく突き離し、ワンサイドゲームの様相となります。

アイルランドは58分を過ぎてもスコア0のままとなってしまいます。

60分、ニュージーランドはモールで押し込み、最後は大外に展開しトライします。

34-0となります。

66分にはアイルランドが攻め込み、最後はキックでトライを狙い、おさえればトライでしたがボールをおさえられませんでした。

しかし、その後のスクラムから中央でトライします。34-7となります。

72分、ニュージーランドはランニング能力をみせトライ、41-7となります。

76分、アイルランドはフォワード陣が押し込み、ペナルティトライで41-14とします。

しかし、直後、マット・トッド選手にイエローカードが出てシンビンとなります。

78分、ニュージーランドは大外のジョーディーバレット選手に展開し46-14と試合を決定づけます。

そしてノーサイドとなります。

前半後半を通しての見どころ

見どころは、ニュージーランド代表の攻撃での華麗なパス回しではないでしょうか。

どんな局面でも相手に合わせた戦い方ができるオプションを豊富に持っているのだなと感じました。

アイルランドが2018年のテストマッチでニュージーランドを倒しているにも関わらず大敗したということは、ニュージーランドの大舞台での強さも光った試合だったのではないかと思います。

ニュージーランドの次戦予想

ニュージーランドの次戦の対戦相手は、イングランドです。

事実上の決勝戦とみている解説者の人もいるカードとなります。

イングランドはヘッドコーチにエディ・ジョーンズ氏を要し、ニュージーランド対策も入念にしていると思われます。

ニュージーランドにとって、今までで最大の強敵となるでしょう。

ただ、ニュージーランドも強豪アイルランドを相手にし、圧倒的な強さを見せつけました。

終始ゲームを支配し、ボールキャリアでもアイルランドを圧倒していたと思います。

また、前に出るディフェンスでアイルランドに攻撃させないプレッシャーをあたえました。

アイルランドを相手にしてニュージーランドの強さに世界が驚いた一戦となったのではないでしょうか。

この勢いを継続できれば、イングランド相手でもニュージーランドに若干の分があるのではないかと思います。

>>【ノーサイドゲーム】ニュージーランドのオールブラックスとは?

アイルランドの次戦予想

アイルランドは準々決勝の試合で全ての試合が終了しました。

ニュージーランド戦では試合序盤からニュージーランドの正確なパス回しにディフェンスが対応できず、試合を支配されてしまいました。

攻撃の重要な場面でノックオンが出るなど、らしくないプレーがありました。

ニュージーランドのプレッシャーがそれだけ強かったのかもしれません。

アイルランドは強力フォワード陣もバックスの攻撃陣もオールブラックスを前に良いところが殆ど出せない最終戦となりました。

アイルランドにとっては、過去7回のベスト8進出で勝ちのない壁を突破したい一戦でした。

プール戦では日本に負けるなどの誤算はありましたが、その後は危なげない試合をし、SOセクストン選手などベストメンバーで挑みました。

トーナメント初戦が世界最強のオールブラックスという不運はあったものの、全力を出し切った試合だったのではないでしょうか。

今後もワールドカップでのベスト8以上が目標となりそうです。

>>ラグビーWカップ2019【アイルランド】チーム紹介!主要選手はイケメンで年間最優秀選手

ニュージーランドVSアイルランドのまとめ

ニュージーランドVSアイルランドは、とにかくニュージーランド(オールブラックス)の強さを見せつけられた試合となりました。

個人的には面白い試合になる可能性もあるのではないかと思っていましたが、思った以上にワンサイドゲームとなりました。

ベスト8進出が決まってから来日されたアイルランドファンも多かったそうです。

航空会社もセールを出すなどベスト8に入ってからさらに盛り上がりをみせてきていました。

アイルランドは負けてしまいましたがビールの売り上げなどもさらに上がり、ファンも含め大会を大いに盛り上げてくれました。

ニュージーランドの過去の試合を振り返る

>>「ニュージーランドVS南アフリカ」の試合結果と次戦の予想

>>「ニュージーランドVSカナダ」ラグビーWカップ試合結果と予想

>>「ニュージーランドVSナミビア」試合結果と見どころ!次戦予想!!