「日本VS南アフリカ」ラグビーWカップ2019試合結果と見どころ!次戦予想! 

ラグビーワールドカップ

強豪スコットランドを倒し、プールAを1位突破した日本。

そして、ニュージーランドに次ぎ、プールBを2位突破した南アフリカ。

その2チームの一戦が行なわれました。

日本の戦いぶりに日本列島が熱狂し、応援した試合となりました。

そんな、日本VS南アフリカの試合結果や次戦展望についてまとめてみました。

日本VS南アフリカの試合結果と見どころ

日本対南アフリカは、26-3で南アフリカが勝利しました。

日本はスコットランド戦で途中交代となり、怪我が心配されたプロップの具智元(グ・ジウォン)選手がスタメンとなりました。

フィジカルの強い南アフリカ相手に、日本にとっては欠かせないフロントローだっただけに大きな要素となりました。

前半は互角の攻防

前半3分、南アフリカがスクラムからウィング(WTB)のマビンビ選手に展開しトライして先制します。5-0となります。

9分、稲垣選手へのタックルが危険とみなされ、南アフリカのムタワリア選手にイエローカードが出ます。

10分間退場のシンビンとなります。

数的不利な日本は得点がほしい時間帯でしたが、キックパスがうまく通らない不運がありました。

11分のスクラムで日本はマフィ選手が入ります。

14分、日本は南アフリカ陣深くまで攻め込みトライのチャンスでしたが、ファウルを出してしまいました。

18分の南アフリカボールでのスクラムを日本が押し勝ち、ペナルティゴールを狙い成功。

5-3とします。

ここから死闘ともいえる攻守切り替わる緊迫したゲーム展開となります。

日本がフィジカルで前に進めたい攻撃がありましたが、南アフリカが押し返すタックルをするなど、一進一退の状況となります。

33分には日本がピンチになりますが、南アフリカが最後のパスでミスをし得点チャンスを逃します。

南アフリカは終了間際にもトライのチャンスがありましたが、ファウルとなります。

このまま前半を5-3で折り返します。

後半は南アフリカが底力の違いを見せつける

後半43分、南アフリカは遠い距離からペナルティキックを狙い、8-3となります。

日本は47分に、負傷した田村選手と稲垣選手に代わり、松田選手と中島選手が入ります。

48分、南アフリカは再びペナルティキックを狙い11-3となります。

53分にはトンプソンルーク選手に代わり、ファンデルヴァルト選手が入ります。

57分、南アフリカが再び遠い距離からペナルティキックを狙いますが外れます。

63分、南アフリカはペナルティキックで14-3とし、小刻みに点を積み重ねていきます。

日本も反撃したいところでしたが、疲れからかミスも出始めてしまいます。

そして65分、日本の粘りのディフェンスを破りトライします。21-3とします。

モールにこだわって押し込んだ結果となりました。

68分には日本が南アフリカ陣深くまで攻め込みますが、ターンオーバーされてしまいます。

そして69分、南アフリカが一気に大外を駆け上がりトライします。26-3となります。

ここで流選手と堀江選手に代わり、田中選手と坂手選手が入ります。

日本も攻めの姿勢を見せますが、南アフリカのディフェンスの壁を突破できませんでした。

終了間際も攻めたいところでしたが、南アフリカの攻撃となりノーサイドになりました。

日本VS南アフリカの見どころ

見どころは、前半戦ではないでしょうか。

前半を折り返す時点では5-3と非常に緊迫したゲーム展開でした。

日本が勝つのではないかと思えるほどの戦いぶりでした。

後半に入ってからは南アフリカの地力の強さが出て点差が開いてしまいましたが、日本の力を世界にみせつける素晴らしい戦いぶりだったと思います。

南アフリカの次戦予想

南アフリカの次戦の対戦相手は、ウェールズです。

南アフリカは、日本戦で前回大会とは違い、日本を警戒しながら堅実な戦いをしたように思います。

メンバー発表では、リザーブにフォワード陣(FW)を6人入れてきました。

強力フォワード(FW)陣を活かした戦いをするだろうとみられた通り、特に後半フィジカルを前面に押し出した戦いをしました。

モールでも再々押し込むシーンがありました。

ウェールズ相手でもこの強みは活きるのではないかと思います。

試合功者ぶりとキックのうまさが出ればウェールズ有利ですが、南アフリカが本来の強みを出せば南アフリカに試合の流れがいくのではないかと思います。

>>ラグビーWカップ2019南アフリカのチーム紹介、注目選手はビーストの異名!!

日本の次戦予想

日本は全ての試合が終了しました。

大会全体を通して日本中に勇気と感動、元気を与え、素晴らしい活躍だったのではないでしょうか。

難しい開幕戦となるロシアを倒し、強豪アイルランドにも勝ち、サモア戦では終了間際にボーナスポイントを獲得する4トライをあげました。

>>「日本対ロシア」ラグビーワールドカップ試合結果と次戦予想!

>>「日本VSアイルランド」ラグビーWカップ批評・評価・感想

>>「日本VSサモア」ラグビーWカップ試合結果と見どころ!次戦予想は!?

スコットランド戦では日本中が歓喜し、南アフリカにも勝てるのではないかという雰囲気さえありました。

4年前の前回大会では3勝しながらもベスト8に進めず悔しい思いをしましたが、見事にベスト8に進出して雪辱を果たしました。

>>ラグビー日本対スコットランド戦を振り返る!日本の次戦予想!

今後も強化を持続させれば、いずれはベスト4も夢ではないのではないかと思います。

日本VS南アフリカのまとめ

日本VS南アフリカでは、日本は前半終了まで再三の南アフリカの攻撃をディフェンスで凌ぎ、耐えていました。

勝てるのではないかという空気感さえありました。それだけに後半に入ってから点差が開いてしまったのが残念です。

後半、時間と共に南アフリカの強さが出ていたように思います。

敢えてあげるなら、ラインアウトの成功率が低く、相手ボールにしてしまったシーンがいくつかありました。

南アフリカの裏をかくキックを使用した攻撃も思ったよりもうまくいってなかったように見えました。

ペナルティキックで小刻みに得点されることで若干、集中力が切れてしまいがちになってしまったのかもしれません。

しかし、全体的には、日本は実力を出し切る素晴らしい戦いぶりだったのではないでしょうか。

>>ラグビーWカップ「南アフリカVSイタリア」試合結果と次戦予想!

>>ラグビーWカップ「ニュージーランドVS南アフリカ」の試合結果と次戦の予想