ラグビーWカップ「日本VSサモア」試合結果と見どころ!次戦予想は!?

サモア

日本が史上初のベスト8進出を実現するには負けられない試合、サモア戦が豊田スタジアムで行なわれました。

開幕から連勝している日本の活躍に期待し、多くの人が注目している一戦となりました。

そんな、日本VSサモアの試合結果と次戦への展望についてまとめてみました。

日本VSサモアの試合結果と見どころ

日本VSサモアは、38-19で日本の勝利となりました。

日本のスタメンは、スクラムの最前線の真ん中のフッカーに堀江選手に代わり、坂手選手が先発となります。

また、前戦で怪我をしたマフィ選手の代わりに姫野選手がナンバー8に入りました。

前半から日本が積極的に攻める

前半3分、田村選手のキックで日本が3-0と先制します。

さらに7分にもペナルティキックで日本が6-0とします。

一方、サモアも9分、ペナルティキックを決め、6-3となります。

サモアは15分にもペナルティキックを決め、6-6の同点となります。

それに対し、日本は23分にペナルティキックを決め9-6とします。

どちらのチームも点を少しでも重ねたいという思いが出ていたように思います。

24分にはサモアのイオアネ選手がシンビン(10分間の退場)になります。

ボールを手放した選手へのタックルが理由です。

27分、日本は鮮やかなパス回しからラファエレ選手がトライをあげ16-6とします。

リーチマイケル選手がボールを奪い、ターンオーバーからこの攻撃が始まりました。

>>【リーチマイケル】日本代表主将!!奥さんは府中でカフェ経営!?

33分にはサモアのペナルティキックで16-9と追い上げます。

そのまま、日本がリードの16-9で前半を折り返します。

後半戦は最後の最後でボーナスポイント

後半開始から攻守切り替わる緊迫した時間帯が続きます。

44分、日本のペナルティからサモアがキックを狙います。16-12とします。

一方、47分には日本もペナルティキックを狙いますが外してしまいます。

しかし、姫野選手のジャッカルで相手のファールを誘うと再び日本はキックを狙い成功、19-12とします。

>>ジャッカル?ラグビーを詳しく知る!ラグビーでわからない言葉をなくす!

53分、サモアは日本でもお馴染みのトゥシ・ピシ選手が入ります。

直後、日本がモールで押し込みトライし26-12とします。

フィジカルで強いサモア相手に日本のフォワードがパワーで勝ります。

その後、山中選手に代わり福岡選手が入ります。

59分には、再びピンチで姫野選手のジャッカルが出ます。

63分、リーチ・マイケル選手が交代で退きます。

その後はサモアの猛攻もあり、日本がディフェンスで耐える時間帯が続きます。

72分にはサモアがトライし26-19と迫ります。

75分には日本がトライし31-19と引き離します。

トライぎりぎりの場所から外に展開したのが結果に出ました。

さらに日本は、最後のプレーでサモアボールをスクラムでマイボールにします。

フォワード陣の頑張りでモールで押し込みを狙います。

最後は松島のトライで38-19としてノーサイドになりました。

>>松島幸太朗選手の国籍は?筋肉がスゴイとネットでも話題!

最大の見どころは!?

見どころは、日本のフォワード陣の頑張りだと思います。

スクラムやモールではサモアを押し込み、フィジカルでも負けていない所を見せつけました。

また、アイルランド戦に続き、ゲームの流れを変える姫野選手のジャッカルが素晴らしかったです。

それにより、16-12のサモアに点差を迫られる場面で19-12と引き離すことができました。

田村選手のキックの精度も良く、得点を重ねることに成功しました。

日本は4トライあげボーナスポイント獲得し、勝ち点5を獲得しました。

日本にとっては最高の形で終わった試合だったのではないでしょうか。

日本の次戦予想、スコットランドに30年ぶりの勝利なるか!?

日本の次戦の対戦相手は、スコットランドです。

両チームにとってベスト8進出をかけた大一番となります。

既に3勝している日本ですが、アイルランドとスコットランドと勝ち点で並んでしまうとプール敗退も有り得ます。

最新の世界ランキングではスコットランドが9位で、大会中に順位を1つ上げた日本が8位となります。

しかし、歴史や経験、ワールドカップでの成績などではスコットランドの方が上です。

また、スコットランドは日本にとって前回大会でも唯一負けている相手です。

経験もありチームとしてもまとまっているので、ウィークポイントも見つけずらく戦いにくい強敵と言えます。

ただ、今大会では開催国となる日本は地の利もありますし、ファンの声援が力になると思います。

現在の日本は、ベストメンバーでなかったとはいえアイルランドを倒すだけの力があるので、勝つことも可能ではないでしょうか。

サモアの次戦予想、ベスト8進出は厳しい。

サモアの次戦の対戦相手は、アイルランドです。

日本が非常に良い成績をおさめているので、アイルランドもベスト8進出が安泰ではなくなっています。

そのため、全力で戦いにくるでしょう。

アイルランドは日本戦の時とは違い、ベストメンバーでベスト8進出を目指した戦いをしてくると予想されます。

サモアにとっては非常に厳しい戦いとなります。

勝つのは難しいかもしれません。

しかし、個人の強さに加えミスを減らし、チームの連携を整えれば、一矢報いることも不可能ではないかもしれません。

日本戦では開催国相手の試合でやりずらい試合となりましたが、特徴を活かしたシーンもありました。

強みを活かしてアイルランドのフォワード陣を抑えられれば、良い試合になるのではないでしょうか。

日本VSサモアのまとめ

試合序盤はペナルティキックで得点を重ねる日本に対してサモアもペナルティキックで点差を詰めてきてどうなるかと思いましたが、試合全体を通して日本が良い試合をしたのではないでしょうか。

フィジカルの強いサモア相手に、フォワード陣がスクラムやモールで押し込めたのは自信に繋がったのではないかと思います。

日本にとっては避けて通れないスコットランド戦の最終戦が楽しみになる試合でした。