イングランド対オーストラリアの試合結果と解説!ラグビーWカップ2019

イングランド

ワールドカップの佳境に入り、ベスト8が出揃いました。

ここからは全て強豪同士のぶつかり合いになります。

そんな中、エディー・ジョーンズ氏率いる優勝1回のイングランドと優勝2回のオーストラリアが激突しました。

大会屈指の好カードとなりました。

そんな、イングランドVSオーストラリアの試合結果や次戦展望についてまとめてみました。

イングランドVSオーストラリアの試合結果と解説、見どころは?

イングランドVSオーストラリアは、40-16でイングランドが勝利しました。

イングランドはチームの心臓ともいえるオーウェン・ファレル選手を、CTB(センター)から本来のスタンドオフ(SO)に戻して臨みました。

>>ラグビーWカップ2019「イングランド」代表の注目選手はとにかくイケメン

試合序盤からオーストラリアがボールキャリアで攻めます。

前半はほぼ五分五分の立ち上がり

前半5分前後にはスクラムでオーストラリアが勝ちますが、イングランドも同じくスクラムで勝ち戻してマイボールにします。

その後、両者、攻守切り替わる緊迫した時間帯となります。

11分、オーストラリアがペナルティキックで3-0と先制します。

16分にはイングランドも敵陣深くまで攻め込みますがポーコック選手がボールを奪い、オーストラリアボールとなります。

しかし17分、イングランドがパス展開からトライをあげ、7-3とします。

20分、イングランドがインターセプトからロングランで2つめのトライをあげます。

オーウェン・ファレル選手が角度のあるキックを決め、14-3となります。

25分にはオーストラリアがペナルティキックを決め、14-6となります。

29分、イングランドがペナルティキックを狙い17-6と3点を積み上げます。

オーストラリアはトライがほしい時間帯ですが、なかなかトライをあげることができません。

オーストラリアはフィジカルをいかした突進を心がけます。

38分にはスクラムでイングランドの反則を誘います。ここでオーストラリアはキックを選択し17-9とします。

そのまま17-9でイングランドリードで前半を折り返します。

後半戦は激しいぶつかり合い

後半開始42分、オーストラリアがパス展開からトライし17-16と追い上げます。

それに対し、イングランドが中央から突破し27-16と再び引き離します。

強豪同士の素晴らしいぶつかり合いとなります。

49分にはイングランドがスクラムからペナルティをとり、キックを選択、27-16とします。

59分、オーストラリアはイングランド陣ぎりぎりまで攻め込みトライを狙いますが、イングランドは必死のディフェンスでこれを凌ぎます。

27-16の状態で膠着した試合展開となります。

63分にはイングランドがモールで押し込んでからのパス展開でトライを狙いますがノートライとなります。

ここでイングランドはキックを選択し成功、30-16となります。

これにより両国の点差は2トライ差となりました。

72分、イングランドがペナルティキックを成功させ33-16と突き離します。

75分にはイングランドがオーストラリア選手のパスをインターセプトし40-16とします。

直後、77分、オーストラリアのウィング(WTB)が快速を飛ばしトライしますが、スローフォワードでノートライとなります。

このままノーサイドとなりました。

試合の見どころは?

見どころは、フィジカル大国のオーストラリアとイングランドのフォワード陣のモールやスクラムではないでしょうか。

どちらのチームも強みは出ましたが、イングランドの方が試合全体を通してミスも少なく、そつが無かったように思います。

イングランドの次戦予想

イングランドの次戦の対戦相手は、ニュージーランドです。

世界最強のチームを相手にし、大一番となります。

オーストラリア戦のような集中力が持続できれば、十分、勝機はあるのではないでしょうか。

オーストラリア戦では、オーストラリアのフィジカルを活かした強力な中央突破をディフェンスでよく凌いでいたと思います。

また、ファウルも少なく、オーストラリアのちょっとしたパスミスやキックパスを見逃しませんでした。

集中力を切らさず、粘りのディフェンスと相手のミスを見逃さないプレーで後半に差をつけました。

オーウェン・ファレル選手のキックも正確で、この試合キック成功率が100%となりました。

緻密な戦術を好むエディ・ジョーンズヘッドコーチのもと、ミスやファウルを犯さなければオールブラックス相手でも良い試合をするのではないかと思っています。

>>ラグビーWカップ2019・イケメンランキング!画像あり

オーストラリアの次戦予想

オーストラリアは全ての試合が終了しました。

初戦でウェールズに敗れはしたものの、プール戦を危なげなく突破し優勝候補としても注目されていました。

しかし、イングランド戦では、ちょっとしたミスやファウルが負けにつながったように思います。

ボールキャリー自体はありましたが、ちょっとしたミスをつかれたり、あと一歩でトライできなかったり惜しい場面が多々ありました。

また、前半20分にイングランドの2トライめを許すインターセプトされたプレーが大きかったように思います。

イングランドはこの点差で精神的にも優位になったのではないでしょうか。

とはいえ、大会前はあまり良い評判がなかったにも関わらず、大会全体を通していい戦いをしており、やはり強豪国ならではの強さがあるのだなぁと感じました。

>>ラグビーワールドカップ2019「オーストラリア」チーム紹介と主要選手

イングランドVSオーストラリアのまとめ

キックをあまり使わずフィジカルとパスワークで攻める南半球らしいラグビーをするオーストラリアと、本来はキックを得意とし攻める北半球らしいラグビーをするイングランドのスタイルの違う国の対戦となりました。

実力は拮抗していてどちらが勝つかわからない試合でしたが、イングランドの方が試合全般を通して集中していたように思います。

オーストラリアは終盤でもイージーなミスをインターセプトされるなど、惜しいシーンがいくつかありました。

細かい1つ1つのプレーの差が、そのまま試合結果に出たように思います。

過去のイングランドとオーストラリアの試合を振り返る

>>「イングランドVSアルゼンチン」の試合結果と次戦予想!

>>「イングランド対トンガ」の試合結果と次戦予想について

>>「オーストラリア対ウェールズ」批評・評価・次戦予想

>>「オーストラリア対フィジー」の試合結果と次戦の予想!