大山登山の服装「冬」12月1月2月おすすめな格好と持ち物!

観光地

冬山でもある大山は、冬のシーズンも登山客でいっぱいです。

大山登山の冬(12月、1月、2月)の服装選びや持ち物は初心者では迷うことがあるかと思います。

冬の大山登山に挑戦するならどんな格好が良いのかをまとめました!

大山登山の服装「12 月」

最高気温:5.1℃
平均気温:-0.7℃
最低気温:-6.4℃

数字で見ても寒いのが一目瞭然です。

絶対に温かい恰好が必要です。

大山登山の12月の服装

帽子は耳が隠せるニット帽がおススメです。

耳が隠せなくても、耳あてなどをすればかなり寒さを抑えられます。

持ち物として携帯カイロや温かい飲み物が入った水筒があると良いですね。

手袋は必須です。

ウインドブレーカーでは寒さが厳しいですが、中に着込んでいれば何とかなるかな。

というイメージです。

ニット帽
ネックウォーマー
上着 ダウンジャケット
トップス フリース
セーター
スウェット
シャツ 長袖
手袋
ズボン トレッキングパンツ
インナーストッキング

大山の12月の季節イベント

12月は大山寺で冬至の「星まつり」が開催され、大みそかには除夜の鐘が鳴ります。

大山登山の服装「1 月」

最高気温:2.3℃
平均気温:-3.3℃
最低気温:-8.9℃

非常に寒いです。

1年を通して一番寒い時期になります。

大山登山の1月の服装

携帯カイロや温かい飲み物が入った水筒は持っていきましょう。

ダウンジャケットのように暖かい上着を着用することをおススメします。

トレッキングパンツの下に、暖かいインナーストッキングをはくと足元から冷えなくてよいと思いますよ。

初詣はにぎわいますので、人がたくさんいてスムーズに歩けない場合があります。

ニット帽
ネックウォーマー
上着 ダウンジャケット
トップス フリース
セーター
スウェット
シャツ 長袖
手袋
ズボン トレッキングパンツ
インナーストッキング

大山の1月の季節イベント

1月は初詣と初日の出。

天気が良いととっても素敵な「初日の出」を見ることが出来ます。

また、その年の農作物の作柄を占う「筒粥(つつがゆ)神事」が大山阿夫利神社下社で行なわれます。

大山登山の服装「2 月」

最高気温:2.8℃
平均気温:-2.9℃
最低気温:-8.6℃

1月同様に非常に寒いです。

2月下旬からは若干気温が上がり始めますが、初旬は本当に寒いので防寒対策は必須です。

大山登山の2月の服装

温かい恰好にプラスして携帯カイロは持っていきましょう。

ダウンジャケットの下にも温かい服を着用し、ズボンはトレッキングパンツの下に、暖かいインナーストッキングの着用をおススメします。

ニット帽
ネックウォーマー
上着 ダウンジャケット
トップス フリース
セーター
スウェット
シャツ 長袖
手袋
ズボン トレッキングパンツ
インナーストッキング

大山の2月の季節イベント

2月は「節分祭」が阿夫利神社下社で実施されます。

また、「五壇護摩」が大山寺で実施されます。

大山登山の服装「冬」12月1月2月おすすめな格好と持ち物!まとめ

冬山としても知られている大山ですので、冬の登山客は多いですよね。

山頂まで行くと決めたならば、服装選択は必須です。

冬の山でもできるだけ快適に山頂へ行けるよう適切な服装を選択しましょう。

参考になれば幸いです。

※行事は2020年の大山観光電鉄を参考させていただいております。予告なく変更する場合もあるそうなので、詳細は大山観光電鉄株式会社ホームページのイベントページをご参照ください。

スポンサーリンク
観光地
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンドラマンガ