オンライン帰省ってなんだよ!?意味不明や無理と批判意見多し!やるならネット環境は?

オンライン帰省

オンライン帰省を検索すると、「ってなんだよ」「無理」「意味不明」などの批判的なキーワードが多数出てきますね。

たしかに、実家の両親や、おじいちゃんおばあちゃんが「インターネットが使えない」「ネットの環境が整っていない」ケースは良くあることですよね。

それなのに、外出自粛や、感染拡大予防のためといきなり「オンライン帰省」と言われてもピンときません・・・。

ゴールデンウィークの帰省への呼びかけだとしても、ちょっと無理がありますね。

今回は、そんな、オンライン帰省について「できない」「無理」「意味不明」などの批判的な意見まとめや、実際にオンライン帰省するならインターネット環境などはどうするのがよいのかをまとめました。

オンライン帰省とは?


先日、「オンライン帰省」について安倍首相が勧めたことについて、ネット上ではこんな声があがっています。

「オンライン帰省は無理」

「オンライン帰省って意味不明」

「オンライン帰省なんてできない」

要は、外出を自粛するためにオンラインで帰省してくださいということなのですが、難しそうです。

オンライン飲み会などが流行ってきているとはいえ、何でもかんでも「オンライン」をつければよいわけではないですよね。

特に、帰省に関しては、イメージにはなってしまいますが、田舎に帰るという印象です。

満足のいくインターネット環境がどれほど整っているのでしょうか?

特に、田舎で帰省を楽しみにしている両親やおじいちゃんおばあちゃんなど高齢者にとっては、難しいです。

オンライン帰省への意味不明や無理という反応

Twitterでもそういった声が多数上がっています。

声を見てみると、やはり多いのが「オンライン帰省は高齢者には難しい」と言うことですね。

インターネットの環境もそうですし、まだガラケーを使われている方も多くいらっしゃいます。

自分たちは設定が容易にできても、高齢者に設定をしてもらうのは無理があります。

そもそもの「オンライン帰省」というのが意味不明だという声もありました。

Twitterの声をみた感想

ネガティブな意見が多い印象はありましたが、「だったら普通に電話するわ」というような意見もでておりました。

一見、皮肉っているように思えますが、普通に電話をかけてくれるだけで、ご両親やおじいちゃんおばあちゃんは嬉しいでしょうね。

「オンライン帰省」なんて言葉を使って、みんなが「はぁ?」ってなっても、一人でも多くが実家のことに気を配り、できなくても帰省する代わりに声を聞かせてあげることが広まると良いですね。

なので、オンライン帰省しなくても、ただ久しく電話をしていない人は電話で声を聞かせてあげるだけで充分かもしれません。

オンライン帰省の環境

では実際にオンライン帰省をやるとしたら、どうすればよいでしょうか?

一番のネックになるのが、インターネット環境とガラケーですかね。

仮に、ネットは繋がっていても、パソコン・スマホ・タブレットを使いこなせない…。

そんな問題がありますよね。

使いこなせれば、ZOOMやLINEでも可能と言えば可能ですが。

インターネット環境で必要なもの

それを解決するなら、昔からあるような「テレビ電話」がおススメです。

インターネット環境さえあれば、パソコンやスマホなどがなくても簡単にできます。

普通に電話に出るような感覚で、ボタン1つで通話が可能です。

更にすごいのは、遠隔操作でカメラを動すことができるので、見守り機能も兼ね備えている点です。

これは、1台あればものすごく喜ばれそうですね。


これなら、離れて暮らすご家族とあなたのスマホを直結できます!

どこでも顔を見ながら話ができる見守りホットライン、パルモです。

お値段は楽天の最安値で52,409円!

プレゼントには最適ですが、ちょっと高いですね・・・。

 

もう少し、費用を抑えたい方でお子さんがいる方には、オンライン通話ではないのですが、こんなのもあります。

スマホやネットがないご実家でも大丈夫な「まごちゃんねる」


>まごチャンネル公式サイト<

スマホで撮った動画や写真が実家の両親やおじいちゃんおばあちゃんに簡単に送ることが出来ます。

設定もとても簡単で、ケーブル2本差すだけなので誰でもできそうです。

毎日まではいかなくても、ちょこちょこ撮影したのをサクッと送れば、大喜びされること間違いなしです。

それで、向こうも頻繁に会っているような気になってもらえれば、帰省しなくても普通の通話で「オンライン帰省」より効果はありそうですね。

なかなか帰省できずにいるけど、お子様の成長を一緒に楽しみたい方には「まごチャンネル」はおススメですね。

オンライン帰省とは?意味不明で無理というまとめ

何でもかんでも「オンライン」つければ良いわけではないですが、仕方ない面もあります。

実家の両親やおじいちゃんおばあちゃんに今の状況下で会いに行くのは危険です。

会いたいけれども、大切な人に会うべきではない現状では、オンライン帰省としてテレビ電話はありかもしれませんね。

もちろん、実家がインターネットもお手の物なんで、ZOOMで「オンライン帰省」しちゃいます!なんて方もいるでしょう。

まずは、どんな形でも声を聞かせたりコミュニケーションを取ることが大切です。

早く収束して日常生活が戻ってくるとよいですね。

>オンライン帰省できない?GWの過ごし方のススメと感染拡大予防のために!