「ニッポンノワール-刑事Yの反乱」碓氷克喜のもう一つの考察

ニッポンノワール-刑事Yの反乱-

「ニッポンノワール-刑事Yの反乱」第3話では、碓氷克喜は南武修介の子供かもしれないということが才門要が発言します。

しかし、何の根拠があり碓氷克喜が南武修介の子供だと言っているのか、色々と謎ですね。

事件に関係あるのか、黒幕に関係あるのかわかりませんが、今回は碓氷克喜にスポットを当てて考察をしていきます。

「ニッポンノワール-刑事Yの反乱」碓氷克喜が飲んでいる薬は何?


結論から言えば、碓氷克喜が飲んでいる薬は不明です。

しかし、碓氷克喜の感情が高ぶったときに飲んでいるので、精神安定剤の類だと思われます。

碓氷克喜は感情をコントロールできないようで、精神的に不安定になると息切れを起こし、急に暴れるという症状が出るようです。

医学的には、そういう病状は実際に似たようなものがあり、「癇癪(かんしゃく)」というものらしいです。

「癇癪(かんしゃく)」を起こす場合の原因は、何らかのストレスが原因で起きます。

第3話では喫茶店で咲良とマスターが一緒に、星羅と碓氷薫の2ショットの写真を眺めていました。

第3話では星羅と碓氷薫は、大変仲が良かったということを知ることができます。

そして、喫茶店に遊佐清春が返ってきたところに、マスターは碓氷克喜が学校で机を投げて窓ガラスを割ったと言う連絡が、担任の先生から入ったと伝えます。

碓氷克喜は父親が誰かわからないことを、学校でバカにされたと遊佐清春に理由を伝えます。

感情を抑えるための何らかの薬だということは、間違いないでしょう。

「ニッポンノワール-刑事Yの反乱」碓氷克喜の正体はホウショウジュンペイ!?

ものすごい予想を覆すと言うなら、実は碓氷克喜が黒幕である薬を飲んで見た目が子供になった、「ホウショウジュンペイ」かもしれません。

話が飛躍しすぎますが、刑事が聞き込みで容疑者前提で乱暴に取り押さえて、色々乱暴な聞き込みをするくらい非常識なドラマなので、このくらいはあるかもしれません。

さらに、遊佐清春を演じている賀来賢人さんの、ツィッターアカウントで以下のようなことを発言していました。

「ニッポンノワール」は警察関係だけではなく政治がらみもありそうで、ある黒い組織も関係しそうな勢いです。

黒い組織は100%関係ないと思われますが、何らかの大きな闇の組織が絡んでいるという結びつきも考えられます。

碓氷克喜が飲んでいるのは、元の姿に戻らないようにするための薬かもしれません。

予想を覆す方向性が違うかもしれませんが、そういうストーリーのほうが個人的に面白そうですけどね。

コナンの影響ありすぎですかね・・・。

「ニッポンノワール-刑事Yの反乱」碓氷克喜に重要なデータを普通に預けるなんてありえない!?

才門要は10億円強奪事件の真相が入っていると思われる、データを第3話で回収します。

しかし、実の息子に危険なデータを預けるというのは、とても考えにくいので第3話で才門要がフラッシュメモリには何も情報がなかったというのは信用できそうです。

ですが、そのフラッシュメモリには、他のヒントが隠されている可能性はあります。

たとえば、更に重要なデータは他の場所にあるとか、誰かが重要なことを知っているとか動画内で碓氷薫が言っていた可能性も考えられます。

第3話で判明したこと

・10億円強奪事件の犯人の一人「風間岳人」の経歴は嘘だった

・風間岳人の名前は「宝生順平(ほうしょう じゅんぺい)」

・宝生順平は星羅を殺した犯人

・宝生順平は警察の指示で動いていた

・星羅は極秘プロジェクトとは何かを探っていた

・星羅と碓氷薫は仲良しだった

星羅を殺した犯人が「宝生順平(ほうしょう じゅんぺい)」で、10億円強奪事件の犯人の一人だったのです。

謎なのは、どうして本城諭の自宅駐車場に、犯行に使ったワゴンを堂々と隠す必要があったのかですね。

悪いことをしたら顔を見られるのは、誰であっても嫌なので犯行に使ったワゴンは山奥に乗り捨てるのが普通です。

それか、他の車に乗り換えて遠くに逃げるのも、普通に考えられる逃走劇でしょう。

色々と謎が多いですが、第4話もかなり楽しみですね。

碓氷克喜のもう一つの考察まとめ

碓氷克喜に関して、秘密がまだある可能性は高いですね。

事件に直接関与するとは思えませんが、碓氷克喜が誰の子なのかも注目したい部分です。

「ニッポンノワール」は壮大なストーリーが展開するので、警察上層部だけで話が完結するとは考えにくいです。

ひょっとしたら、最終的には政治家が絡む一連の事件なのかもしれません。