「ニッポンノワール-刑事Yの反乱」第3話考察!犯人は才門要しか考えられない!?

ニッポンノワール-刑事Yの反乱-

「ニッポンノワール-刑事Yの反乱」第3話では、才門要と喫茶店「bonnaro」の長女との関係が明るみになります。

ただ、才門要の目的は第3話でも分かりません。

今回は才門要が犯人なのかどうかについて、考察をしていきます。

>>「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」を考察!登場人物の才門要って誰?

才門要と偽装10億円強盗の仲間割れ動画の関係


才門要と10億円強盗の仲間割れ動画とは深い関係にあると思われます。

半グレ集団ベルムズの元リーダー喜志正臣が、動画を色々と調べていき、編集がされていないことが発覚します。

ですが、最初から偽装されたものだとすれば、編集する必要はないと喜志正臣は説明します。

つまり、10億円強盗の仲間割れ動画は、フェイク動画だということのようです。

一体何のために作られたのかと言えば、やっぱり才門要が絡んでいるのだと思われます。

予想ですが、才門要と喫茶店「bonnaro」の長女とは、かなり深い関係にあったのではないでしょうか。

恋人同士だった可能性もあり、喫茶店「bonnaro」の長女を殺した犯人を追っていたと才門要は第3話でも話しています。

ただ、喫茶店「bonnaro」の長女を殺害したと思われる犯人を、才門要が殺してしまった可能性が高いです。

それを隠すために警察上層部は、ばれないように偽装工作をした可能性が非常に高いですね。

そもそも、10億円強奪事件が、本当にあったのかも疑問が残ってきます。

すべて警察が最初から、手作りだった可能性も考えられます。

才門要は喫茶店「bonnaro」の長女を殺した犯人に復讐した?!

第3話では喫茶店「bonnaro」の長女が「あるプロジェクト」に参加していて、危険な目にあうかもしれないと生前の動画で説明しています。

実は、碓氷薫が殺された事件と10億円強奪事件と、この「あるプロジェクト」は深い関係にあると才門要はドラマ中で発言していました。

その10億円強奪事件で奪われたお金は、警察の「ある極秘プロジェクト」のお金だったということです。

喫茶店「bonnaro」の長女は警察の「ある極秘プロジェクト」の実態を暴くために、調査していて殺されています。

その殺した犯人こそが、10億円強奪事件のメンバーの一人でした。

また、そのメンバーこそが、警察関係者だったということでしょう。

才門要の様子を見る限りでは、そこまでは本当の話だと考えられます。

また、第3話では「碓氷克喜は、南武修介の息子かもしれない」と才門要は言います。

南武修介は警視庁捜査一課長です。

>>「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」の南武修介を演じる北村一輝さんとは?

そして、碓氷克喜は警視庁捜査一課の班長で、碓氷薫の息子です。

確かに碓氷薫の父親はどうなったのかは、ドラマ中でもまだ公開されていないですね。

碓氷克喜が南武修介の息子であっても、どのように事件に関係するのかはまだまだ謎ですね。

毎回予想を覆されるそうなので、何らかの形で驚くような関係が浮上するのかもしれません。

第3話の考察!犯人は才門要しか考えられない!まとめ

「ニッポンノワール-刑事Yの反乱」第3話の考察してみましたが、どう考えても才門要が犯人以外考えられません。

理由として、いくつか考えられることに、10億円強奪事件自体がフェイクであり、強盗はなかった可能性もあります。

そのように考えれば、予想はたしかに覆されますよね。

個人的な予想ですが、才門要は喫茶店「bonnaro」の長女を殺害した犯人を殺していると思われます。

喫茶店「bonnaro」の長女は、色々と警察内部のことを知ってしまったので、消された可能性が非常に高いですね。

ただ、つじつま合わせで10億円強奪事件という事件を、無理につなげようと警察上層部はおこなおうとしたのでしょう。

なので、10億円強奪事件に関しては深く捜査をしていないし、途中で打ち切りをしたと思われます。

つまり、最終的な黒幕は、警察の極秘プロジェクトに関係する人間だと思われます。

>>「ニッポンノワール-刑事Yの反乱」第2話の考察とネタバレ感想

>>「ニッポンノワール-刑事Yの反乱」第1話ネタバレ考察。遊佐清春は犯人?