ナスD(友寄隆英)の年齢や嫁子どもは?天空のヒマラヤ部族を取材!

特番

ナスD(友寄隆英)さんは色々な番組で無茶なことをしていますが、いったい年齢はいくつなのでしょうか。

ナスD(友寄隆英)さんの年齢や嫁や子供はいるのかや、過去に出演した番組などを紹介していきます。

ナスD(友寄隆英)の年齢や嫁子どもは?

ナスD(友寄隆英)さんは、6歳年下の森崎友紀さんです。

森崎友紀さんも、ナスD(友寄隆英)さんと同じくテレビ関係の仕事をしている人です。

2016年1月15日に一般男性と結婚したという事が報じられましたが、それがナスD(友寄隆英)さんのことでした。

ナスD(友寄隆英)さんの子供は2016年6月15日が誕生日の女の子と、2018年10月20日に生まれた子供がいます。

第2子の性別は明らかにはされていません。

ナスD(友寄隆英)のプロフィール

ナスD(友寄隆英)さんは1974年生まれで、2020年に46歳になります。

誕生日については分かりませんが、誕生日がまだ来ていないなら2020年3月現在では45歳です。

ナスD(友寄隆英)さんは兵庫県出身で、岡山県の高校を卒業しています。

大学進学後は劇団に入団していますが、本来は獣医志望だったようです。

19歳からフジテレビで、制作会社のアシスタントディレクターのアルバイトを始めています。

大学卒業後はテレビスタッフを志すようになり、フリーディレクターを経て2003年にテレビ朝日に入社しています。

奥川晃弘ゼネラルプロデューサーの下で、プロデュースや演出などを担当していました。

2010年にはゼネラルプロデューサーに昇格して、一部の番組を担当しています。

知っている人が多いかもしれませんが「いきなり黄金伝説」で、裏方を務め1ヶ月1万円生活などや無人島0円生活など、よゐこに無茶をやらせていました。

2017年から放送されている旅バラエティー番組の、「陸海空 地球征服するなんて」ではゼネラルプロデューサーとして番組制作をしています。

ですがその傍らで、部族アースの取材ディレクターも担当しているようです。

染料を顔に塗った後の肌の色が黒紫色をしていて、ナスみたいに見えたことから番組内では「ナスD」と呼ばれるようになりました。

しかし、そのあとにシピボ族のロボヤナティバ村に住んでいる女の人から、漂白剤で落とせると聞いてナスD(友寄隆英)さんは、数日かけて色を落としています。

ナスD(友寄隆英)の過去の出演番組

ナスD(友寄隆英)さんは2017年12月29日放送の「よゐこの無人島0円生活」に、ナスDとしてよゐこと対決するために出演をしています。

この時は初参加だったようです。

「陸海空 地球征服するなんて」にも、出演者としても参加しています。

また、2020年3月8日に放送される「氷と雪に閉ざされた秘境の地 天空のヒマラヤ部族 決死の密着取材150日」では、ナスD(友寄隆英)さんが直々にヒマラヤ最奥の聖地ネパール・ドルポを取材します

日本から5000キロも離れた国で、行きつくまでに最悪1ヶ月もかかります。

ネパール・ドルポは富士山を超える高度4000メートルに位置して、冬はマイナス40度まで下がるらしいです。

マイナス40度は想像できませんが、とにかく強烈な寒さでしょうね。

ですが、目指しているのはドルポではなく、さらに奥にある集落でティンギュー村です。

標高5000メートル以上の峠を徒歩で越えなければいけないので、かなり大変な取材だったでしょう。

総勢20人のスタッフが命懸けで進んだそうです。

ティンギュー村は何世紀もの間、全く変わらない暮らしを送っている部族が住んでいます。

ナスD(友寄隆英)のヒマラヤ取材まとめ

ナスD(友寄隆英)さんは、兵庫県出身の40代男性です。

いきなり黄金伝説などにも大きくかかわっている人物で、「よゐこの無人島0円生活」にも出演していました。

2020年3月8日に放送される番組で、ヒマラヤ最奥の聖地ネパール・ドルポにナスD(友寄隆英)さんが取材に向かいます。

現地は、想像を絶する寒さですし、秘境の地なので何が起きるかもわかりません。

ネパール・ドルポのさらにおくには、何世紀も生活が変わらない集落があるみたいです。

一体どういう番組になるのか、楽しみですね。

スポンサーリンク
特番
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンドラマンガ