凪のお暇の中村倫也は歌う?CMやドラマでも歌声披露!

TBSテレビ

金曜10時TBSドラマ『凪のお暇』(なぎのおいとま)ついに始まりました!

その中でも、今回の作品ではとても良い雰囲気な、安良城ゴン役を演じている中村倫也さんに注目!

中村倫也さんと言えば、CMやドラマで歌うシーンがとても多く、ドラマ「半分青い」での星野源の『アイデア』を歌ったことなども有名です。

そんな中村倫也さんですがどんな方なのかもっと詳しく書いていきます。

「凪のお暇」中村倫也はどんな人?アラジンの生歌では下手だと酷評!?

お名前は、なかむらともやさん、と読みます。

1986年12月24日生まれの32歳です。

結婚はまだされていなく、独身のようです。

ドラマ内では、主人公の凪の引っ越した新居の隣人で登場しました。

腕に大きなタトゥーを入れていたり、仲間と自部屋で音楽を大音量で流していたり、一見コワい印象でした。

しかし、知り合って間もないのに、傷ついている凪にそっと寄り添う、ふわふわとしたつかみどころのない、ミステリアスな雰囲気が漂う役柄です。

2005年映画『七人の弔』でデビューしました。

デビュー以来、様々な作品にたくさん出演し続けています。

凪のお暇中村倫也の演技力は?

そんな中村倫也さんの演技力、世間の評価はどのような感じなのでしょうか。

演技力が高いという評価があちらこちらからきこえてきます。

そう言われる理由はいろいろあるようですが、彼を一言で表すとするなら、「カメレオン俳優」です。

様々なドラマや映画を見て、同一人物だということに気付かなかった、という意見が話題に上がっています。

どのような役にでもなりきることができていると言われています。

また、中村さんの演技力が高いと言われるもう一つの理由は、同時期の撮影であっても、異なるキャラクターを演じ分けている、というところにもあるようです。

前クールで出演した2019年1月~TBS火曜22時枠ドラマ『初めて恋をした日に読む話』では、
主人公の深田恭子さんにどストレートに思いをぶつけるイケメン系の高校教師役を演じました。

強引であるにもかかわらず、女子の乙女心をくすぐる仕草や行動に、女性は嫌な気はせず、ファンがさらに増えたのではないでしょうか。

最近の役どころでは草食系男子の印象だったのが、このドラマでは、肉食系男子というストレートなイケメン系になり、女子視聴者はドキドキしながら見ていたようです。

知名度が上がり、人気が出るきっかけとなった作品は、2018年4月~NHK朝のドラマ『半分、青い。』です。

ナチュラルな演技が話題となりました。

優しいしゃべり口調で、イケメンなのにふんわりとした雰囲気が好印象だったようです。

「猫とのじゃれあいが可愛い」「天然キャラの演技が自然でステキ」「優しい眼差しと声に癒された」と、視聴者がメロメロだったようです。

子猫と触れあう正人役が中村さんにぴったりとはまったようで、「ゆるふわ」というワードが話題になったようですよ。

ただ、一つ気になることもありました。

twiiter上やネットで歌唱力について叩かれております。

凪のお暇中村倫也の歌唱力はどう?アラジンのお披露目イベント

中村倫也さんが映画アラジンの主人公の日本語吹き替えを行なっており、そのお披露目イベントで生歌を披露した際の歌唱力に疑問の声が多数出ていました。

でも、一方では歌唱力が良い!とか歌声にほれぼれするなどの声も上がっています。

聴く人の印象によってかなり変わってくると思いますので、何とも言えませんが・・・。

凪のお暇中村倫也「シナプス」バラエティでも存在感抜群!

先日7月11日放送のTBS系バラエティ番組『櫻井・有吉THE夜会』(毎週木曜22時~)に出演し、自身持ち込みで特技を披露する企画で、珍発言を連発したようです。

「俺は本当は○○王!」と題した企画で、自分の特技を披露します。前回は、「動物王」と称されて、肉球好きをカミングアウトして小動物と戯れている姿が放映されました。

今回の企画の1つは「全く動じない王」でした。

その中で、「脳にあるシナプスを外せばいい」と発言し、中村さんの独自の理論を確かめるため、日本一酸っぱいポン酢を使用したところてんがスタジオに用意されました。

MCの櫻井さんに「シナプス外せば大丈夫?」と心配され、有吉さんからは「シナプスってなんだよ」と突っ込まれ、それでも「シナプス外れてます」と意気揚々と挑んだ日本一のところてんも、口に運んだ瞬間に吐き出してしまいました。

その後挑戦した電気ホッチキスでも瞬時にホッチキスを落としてしまったり、子猫たちに完敗してしまったり、スタジオを大いに盛り上げました。

シナプスを外すという斬新な考え方に、世間は「全然シナプス外れなくて面白い」「シナプス最高」と、話題になっているようです。

また、「激辛スンドゥブ王」では、自身が推したスンドゥブではなくて、中村さん流の卵かけご飯のほうがSNS上で盛り上がってしまい、「王ってなにー」「かわいい」「今日もポンコツっぷりを惜しげもなく披露している!」と話題になりました。

演技とはまた違った一面をみることができて、新鮮でもあり、親近感も湧きますね。