真子茂の経歴がスゴイ!マツコの知らない印鑑の世界でハンコ大好き人間登場!

TBSテレビ

3月24日放送のマツコの知らない世界に出演する真子茂さん。

ハンコの紹介をしてくれるみたいですが、一体何をしてる人なのか気になりますよね。

そこで、真子茂さんのプロフィールやおススメのハンコをご紹介していきます。

真子茂さんは印鑑(ハンコ)大好き人間

では真子茂さんのプロフィールからご紹介していきます。

真子茂さんのプロフィール

真子茂(まなこ しげる)さんは1968年に大阪府で生まれました。

京都精華大学を卒業し、現在は株式会社ゲンダイ出版の社長をされています。

ゲンダイ出版とはどんな会社なんでしょうか。

ゲンダイ出版は1971年に設立。

主な事業内容は日本唯一の印章専門誌である「月刊 現代印章」や「OGBSマガジン」の発行です。

つまり真子茂さんは、ハンコの専門誌を発行している会社を経営されてるんですね。

どうりでハンコに詳しいはずです。

 

OGBSとはオーダーグッズビジネスショーのことで、名刺やハガキなどの印刷物やその印刷技術についての展示会を開催しています。

他にも印鑑関係の調査研究に、講習や研修も行っています。

その実績を活かして、関連企業だけでなく政府機関やマスメディアからの調査依頼にも対応しています。

真子茂さんと印鑑(ハンコ)の関係は?

ペーパーレスが進められる昨今、ハンコの出番は少なくなりつつあります。

しかし「現代印章」はハンコにまつわる情報満載で、ハンコ業界の活性化に一役買っていると思います。

さらにゲンダイ出版では「つくる窓口」というアイデアはあるけど技術がない人たちと、印刷やレーザー加工などものつくりのエキスパート企業をつなぐポータルサイトも運営。

こちらでは可愛いハンコ関連商品もたくさん開発されています。

どれも可愛いくて面白いですね。

会社で使うハンコもこんな可愛いケースに入っていたら使うのが楽しみになっちゃいます。

 

他にも「ハンコとスタンプの作り方」や「レーザー加工の教科書」といった基礎を学びたい人向けの書籍も出版。

ニッチな市場ながら非常に充実したラインナップで、社長のハンコへの情熱が伺えますね。

 

真子茂さんは3月24日のマツコの知らない世界に出演!

便利でポップな使いたくなるハンコをたくさん紹介されるようです。

印鑑と聞くとお堅いイメージですが、普段使いしたくなっちゃう可愛いハンコも紹介されると嬉しいですね。

放送が楽しみです。

真子茂さんのおススメする印鑑は?

そんな真子茂さんがおススメする印鑑をご紹介します。

便利な印鑑ばかりですよ。

狙った枠を外さない!見える印鑑

履歴書など重要な書類を書くとき、印鑑押しますよね。

それが傾いていたりすると書き直し!なんてことも。

この印鑑ならそんな心配ありません。

横から見ると普通の印鑑ですが、真上が天窓になっていて上から見ると印面が見えるようになっています。

この印鑑、キレイに押したい場面ではすごく便利ですよね。

LED印鑑

こちらも印鑑をまっすぐキレイに押したいときに役立つハンコ。

タッチセンサー内蔵なので印鑑を押すために持つだけで、光って押したい紙に印面を投影できます。

いちいちスイッチを入れなくていいのは便利ですね、消し忘れもありませんし。

とてもよく考えられた商品だなと思います。

おむつポン

保育園などまだおむつが外れていない子供を預けるとき、園に大量のおむつの替えが必要になります。

しかもすべてに名前が必須!

毎日のことなので、手書きするとかなりめんどくさいです。

そこで便利なのが、この印鑑。

これならポンポン押すだけでおむつの準備ができます。

真子茂さんと印鑑(ハンコ)まとめ

一口にハンコといってもいろんな便利なものが開発されてるんですね。

普段は宅配便が来た時くらいしか印鑑を使いませんが、イラスト入りの可愛いものならカレンダーに押したりするのも楽しそう。

ハンコの世界を知れば、毎日がちょっと明るくなるかもしれませんね。

スポンサーリンク
TBSテレビ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンドラマンガ