第99回全国高等学校ラグビーフットボール大会見どころ

高校ラグビー

2019年12月27日(金)より、第99回全国高等学校ラグビーフットボール大会が開催されます。

年末の12月27日から始まり、2020年の1月7日に決勝戦が行なわれます。

7日間(試合がない日もあるので1週間ではありませんが)に渡って熱戦がくり広げられます。

そんな、全国高校ラグビーについてまとめてみました。

全国高校ラグビー大会出場高校と注目高校

全国高校ラグビー大会の出場校の中から注目の高校をご紹介します。

注目の高校は、やはりシード校ではないでしょうか。

シード校となる注目高校

【東】
桐蔭学園
流通経済大柏
東京
他など
【西】
大坂桐蔭
東海大仰星
報徳学園
常勝学園
京都成章
御所実業
他など

その中でも注目の高校は、昨年度の花園の優勝校である大坂桐蔭(大坂第1)ではないでしょうか。

決勝まで進み接戦だった桐蔭学園(神奈川)も注目です。

また、大分県の県大会決勝で、古豪の大分舞鶴高校を敗った「大分東明高校」も注目の出場校かもしれません。

大分東明高校は初出場ですが、フィジー出身のナンバー8のセコナイヤ・ブル選手がいます。

6年ぶりの出場となる浦和高校はラグビー部員も数人が東大へ進む進学校で、試合の勝敗だけではない注目校と言えるかもしれません。

全国高校ラグビー大会注目選手

今年の全国高校ラグビーには、注目すべき逸材が多いと言われています。

大会の注目選手をご紹介します。

流経大柏(千葉)、ディアンズ・ワーナー選手

まず、流経大柏(千葉)のディアンズ・ワーナー選手です。

ニュージーランド出身のロック(LO)の選手で、何と!高校生でありながら身長が2mあります。

高さが生きるラインアウトなどで脅威になるのは間違いないでしょう。

大分東明(大分)、セコナイヤ・ブル選手

次に、過去57回の出場を誇る古豪、大分舞鶴高校を決勝でやぶり初出場となった大分東明(大分)には、フィジー出身のナンバー8、セコナイヤ・ブル選手がいます。

報徳学園(兵庫)の主将、山田響選手

報徳学園(兵庫)の主将(キャプテン)でフルバック(FB)の山田響選手は、2年生の時に高校日本代表に選ばれています。

ユース五輪代表に選ばれ、銅メダル獲得に貢献しています。

大坂桐蔭(大坂第1)、奥井章仁選手・江良楓選手

大坂桐蔭(大坂第1)の主将(キャプテン)でフランカー(FL)の奥井章仁選手は178cmと身長が高いというわけではありませんが、突破力を活かしたトライを狙える選手です。

もう1人、大坂桐蔭にはプロップ(PR)の江良楓選手が注目の選手です。

 

山田選手、奥井選手、江良選手の3人は、別格の選手とも言われています。

また、桐蔭学園(神奈川)のナンバー8(No.8)の佐藤健次(2年)選手は、昨年の花園で1年生ながら準優勝に貢献しました。

 

超高校級の選手やビッグマンと言われる大きな選手などがいます。

大会の注目選手を中心に高校ラグビーを楽しまれてみてはいかがでしょうか。

全国高校ラグビー試合予想!

過去の決勝戦や優勝校を見てみると、やはりシード校が有利なような気がします。

準決勝や決勝に進むのは、上位進出の経験がある高校となっています。

ベスト4以上の上位に進む高校として候補になるのは、大坂桐蔭、桐蔭学園、東福岡、常翔学園、東海大仰星、京都成章、御所実業、流通経済大柏などです。

特に、昨年度の優勝校の大坂桐蔭はもちろん、昨年の決勝戦で惜しくも敗れましたが健闘した桐蔭学園。

ベスト4まで安定して進んだ東福岡高校、ベスト4以上の経験は少ないものの確実な実力でベスト4に入った流通経済大柏などは勢いもある高校だと思います。

あとは、準々決勝で敗れたものの経験豊富な常翔学園と報徳学園あたりが優勝する可能性があるのではないかと思います。

トーナメント表では大きく2つのブロックに分けると、東福岡、常翔学園、桐蔭学園、東海大仰星などが同じブロックになっています。

大坂桐蔭、御所実業、流通経済大柏などが同じブロックとなっています。

そのため、決勝まで東福岡や常翔学園、桐蔭学園、東海大仰星などの強豪国と当たらない大坂桐蔭や御所実業などが、決勝進出に向けて若干有利なような気がします。

決勝は、大坂桐蔭対東福岡や大坂桐蔭対桐蔭学園あたりになるのではないかと予想します。

全国高校ラグビーの感想

全国高校ラグビーを年末の風物詩として楽しみにしている古参のラグビーファンも多いのではないでしょうか。

花園で行なわれる高校ラグビーは、社会人ラグビーや大学ラグビーよりもトライの場面が多くあります。

チーム同士のレベルや体格差などの実力差があるためです。高校ラグビーならではの爽快感や面白さがあります。

今回のラグビーワールドカップでラグビーの魅力にはまった人は、年末からお正月にかけて行なわれる高校ラグビーを観られてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
高校ラグビー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンドラマンガ