ケイジとケンジ考察(第5話)!宮本浩次の主題歌が配信開始!ネタバレあり

ケイジとケンジ

ケイジとケンジ、第5話はスカッとする話でしたね。

観終わったときにとても清々しい気持ちになりました。

宮本浩次さんの主題歌も配信開始されて話題になってます。

そこで、今回は主題歌についてまとめていきます!

ケイジとケンジ第5話考察!宮本浩次の主題歌も紹介!

まずはケイジとケンジ第5話のあらすじから。

豪太は同僚の目黒と居酒屋で飲んでいました。

すると外から怒鳴り声が聞こえてきたので様子を見に行きます。

そこには倒れこむ男性とそっちに迫っていく源の姿が。

声をかけると逃げ出した源を追い、傷害の現行犯逮捕。

思わぬ手柄に舞い上がる二人でしたが、源の弁護士が現れ防犯カメラの映像を見せます。

そこから誤認逮捕だったことが発覚し、落ち込む豪太。

しかし、毛利ひかるが3年前の傷害事件の犯人と源がそっくりだと気付きます。

その事件は、店の2階から店員を突き落とし、下半身不随にするという悪質なものでした。

がぜん張り切る豪太でしたが、検察は誤認逮捕は事実なんだから釈放しろと言い出し…。

一度は釈放しますが、警察署を出たとたんに任意同行を求め、暴れたため業務執行妨害で再び逮捕します。

しかし、弁護士がやり手でどんどん先手を打たれてしまいます。

この弁護士が目黒の同級生で、若くしてやり手な嫌なやつなんです。

なんとか2000万で示談で済ませようとしてくるんですが、修平が見事に逆襲してくれます。

被害者がプロバスケットボールの Bリーグに入ることが決まっていたので、民事でも訴えて賠償金をとることに。

Bリーグに入るはずだったとなると、何億も請求できます。

刑事でも民事でも訴えられて、崩れ落ちる弁護士にスッキリしました。

 

今回はいつもあまりやる気のなかった目黒も活躍します。

演じているのは磯村悠斗さん。

「きのう何食べた?」でゲイの井上航(いのうえ わたる)役をしていたのが記憶に新しいです。

これからは豪太といいコンビになりそうですね。

宮本浩次の主題歌「ハレルヤ」

ケイジとケンジの主題歌は、宮本浩次さんが歌う「ハレルヤ」です。

ドラマの放送開始時から大好評だった「ハレルヤ」。

この「ハレルヤ」が2020年2月13日に配信が開始されました。

CDとしては、2020年3月4日発売のファーストソロアルバム「宮本、独歩」に収録されています。

ケイジとケンジの主役二人をイメージしてつくられたというだけあって、ドラマにピッタリですよね。

男らしくて前向きな曲で聴いていて気持ちがいいです。

今までエンディングの歌を気にしていなかった人も、ぜひ注目して聴いてみてください。

ケイジとケンジ第5話を見たネットの反応は?

第5話も評判いいですね。

やはりクズな犯人と弁護士がやり込められるのは、ベタですけど爽快で面白いですよね。

目黒はひかるを気にしてましたね、どう関係が変わってくるのか気になります。

ケイジとケンジ第6話予想

ケイジとケンジ第6話はコンビニ強盗発生

横浜桜木署刑事課の紅一点、毛利ひかるは職業を偽って合コンへ。

しかし、どうしても刑事っぽさを隠しきれず残念なことに。

落ち込むひかるでしたが、その帰りに寄ったコンビニで強盗と遭遇します。

現行犯逮捕し、送検したひかるでしたが、検察から捜査のやり直しを命じられます。

というのも犯人の半田の免許証の顔写真が弟のものだったのです。

弟を殺してなりすましているのでしょうか…。

 

という内容です。

第6回はひかるがメインの回ですね。

犯人の身元をきちんと確認せずに送検してしまうという、大ピンチ。

どう挽回するのか楽しみですね。

ひかるのピンチを目黒が救ったりすると、二人の距離が縮まりそうですよね。

ストーリーにちょっとひねりと言うか複雑そうなのもいいですね。

ケイジとケンジ第5話考察ネタバレまとめ

ケイジとケンジは、まだ1回しか殺人が起きてないのがいいですね。

毎回色んなパターンのストーリーなのが嬉しいです。

第6話も期待できますね。

スポンサーリンク
ケイジとケンジ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンドラマンガ