ケイジとケンジ考察(第4話)!ゲストの女優は誰?ネタバレあり

ケイジとケンジ

ケイジとケンジ第4話、面白かったですね。

桐谷健太さんのツッコミが冴えわたってましたね。

ゲストの女優さんも怖い感じが出てて、引き込まれました。

そこで、この女優さんが誰なのか調査してみました。

ケイジとケンジ第4話考察!ゲストの女優は誰?

まずはケイジとケンジ第4話のあらすじをご紹介します。

豪太のいる刑事課に密着取材が入ることになり、豪太も含めてみんな大張り切り。

そんな中、放火事件が起きます。

燃えたのはバイクでしたが、すぐに消し止められてボヤ程度だったので、報道陣は興味を失くし、捜査は豪太に任されることに。

被害者の太郎丸直樹は元カノが犯人だと言います。

豪太がみなみに事件の話をしていると、みなみの顔色が変わりました。

なんと被害者の太郎丸は3か月前までみなみが同棲していた相手だったのです。

豪太が太郎丸の元カノ、石田貴理子に話を聞くと自分がやったと認めました。

太郎丸はさらに貴理子に殺されかけたと言い出し…。

みなみの元彼が登場しましたが、チャラかったですね~。

みなみと別れて1週間で貴理子と付き合い始め、2カ月で別れるなんて軽すぎる…。

みなみは別れて正解でしたね、むしろなんで付き合っていたのかが気になります。

 

ちなみに太郎丸を演じていたのは大東俊介さん。

チャラい役が結構似合ってました。

みなみをご飯に誘ったりと、自分が悪いとはまったく思ってなさそうでしたし、また登場しそうな気がします。

ゲスト石田貴理子役の女優は誰?

石田貴理子は、逮捕後検察で修平の取り調べにも反省した態度をとっていました。

しかし、その後廊下ですれちがったみなみは貴理子の態度に不信感を持ちます。

何か怒りを抑え込んでいるようで怖かったとまで言うのです。

実際、太郎丸とその前の彼氏にも別れ話をされたときに、上から植木鉢を落としていました。

 

男も不倫だったり悪いとこはあったんですが、怖かったです。

でもどこか切ないというか悔しさがにじんでて、惹きつけられました。

そこで演じているのが誰なのか気になったので、調べてみました。

ゲスト石田貴理子役の女優は阿部純子

阿部純子(あべ じゅんこ)

生年月日:1993年5月7日(26歳)

出身地:大阪府

血液型:A型

所属事務所:アミューズ

代表作:「狐狼の血」「ノーサイドゲーム」

外見も雰囲気があって、ステキですよね。

2014年には河瀬直美監督作品『2つ目の窓』に出演し、第4回サハリン国際映画祭主演女優賞、第29回高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞しています。

阿部純子さんの演技力が素晴らしいのがわかりますよね。

しかし、阿部純子さん自身は演技に満足していなかったようで、この後アメリカに留学して演技を学びなおしています。

この向上心も行動力もある方なんですね。

これからも阿部純子さんに注目していきたいと思います。

ケイジとケンジ第4話を見たネットの反応は?

修平が豪太に影響を受けているところが伝わってきて、最高の回だった。

桐谷健太さんの豪太が、ちょいちょい元教師が出てきちゃうところが大好き。

豪太と修平、みなみがうまくかみ合ってきてて、どんどん面白くなってきてるという声が多いですね。

自分の出世のことしか考えてなかった修平が、再犯にならないように石田貴理子に話したり、豪太からのいい影響が出てきててよかったですよね。

ケイジとケンジ第5話予想

ケイジとケンジ第5話は誤認逮捕

豪太と目黒(磯村悠斗さん)が居酒屋で飲んでいると、外から争う声が。

二人は倒れこんでいる男に向かって行こうとする男性、源を現行犯逮捕します。

しかし、弁護士は最初に手を出したのが倒れていた男であることを防犯カメラの映像で証明。

まさかの誤認逮捕に落ち込む二人でしたが、源が3年前の傷害事件の犯人に似ていることが判明し…。

 

という内容です。

磯村悠斗さん演じる目黒刑事にスポットが当たる回のようですね。

今までは豪太と修平の関係がメインでしたが、刑事課の面々とのつながりも描かれるんですね。

刑事課のメンバーも個性的なので、楽しみです。

さらにやり手弁護士が出てくるようで、修平と協力して事件を調べていくんじゃないかな。

今までなんだかんだと反発してきた二人が協力して弁護士に対抗していく、とかアツいですよね。

ケイジとケンジ第4話考察ネタバレまとめ

ケイジとケンジ第4話では、阿部純子さんという注目の女優さんが出演されましたね。

今後も誰がゲストで出てくるのか、チェックしていきたいと思います。

ストーリーのテンポもいいし、来週が待ち遠しいですね。

スポンサーリンク
ケイジとケンジ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンドラマンガ