ケイジとケンジ考察(第3話)!比嘉愛未の関西弁が可愛い!ネタバレあり

ケイジとケンジ

ケイジとケンジの第3話、豪太が活躍してましたね。

豪太もアホっぽくて可愛いのですが、毎回ネットで話題になるのが、比嘉愛未さんが繰り出す関西弁です。

そこで、第3話のネタバレと各話の関西弁シーンを集めてみました。

ケイジとケンジ第3話考察!比嘉愛未の関西弁が可愛い!

まずは、ケイジとケンジ第3話のあらすじをご紹介します。

バーの店内でオーナーである男性の遺体が発見されました。

豪太は初めての殺人事件に大張り切り。

捜査一課の刑事に取り入って捜査に参加させてもらおうとします。

一方、検事として殺人事件を担当したい修平も、支部長に頼み込んで担当させてもらうことに。

運送会社の社員である瀬川が被疑者として取り調べるが、バーに行ったことは認めるものの容疑は否認。

凶器も見つからないため、瀬川を帰すことになります。

物証が出るまで逮捕はしないという修平と、逮捕して取り調べで落として見せると息巻く捜査一課は対立してしまいます。

支部長にも逮捕の時期を見誤らないように釘を刺された修平は、どうするのか…。

第3話は刑事と検事の対立だけでなく、捜査一課と所轄の関係も描かれていて面白かったです。

踊る大捜査線を思い出すなんて言われてますが、柳葉敏郎さんが出てるのも影響してそう。

しゃべり方が踊る大捜査線の室井っぽいんですよね。

なつかしいですね。

 

今回は瀬川の恋人を豪太が突き止め、彼女の証言が決めてとなって瀬川が自供するという展開でした。

豪太仕事したね~、と親せきのおばちゃんのように嬉しかったです。

でもあれだけSNSに写真あげてて、なぜ捜査一課は気づかないのか。

この手のドラマって、たまに主人公以外がすごくボンクラになりますよね。

面白いんでいいんですけど。

比嘉愛未の関西弁が大好評!

比嘉愛未さんが演じている豪太の妹みなみは、普段は標準語なのに怒ると関西弁になるんですよ。

それが、可愛い!怒られたい!と大評判になってます。

 

こちらは第2話での比嘉愛未さん。

 

第3話でも出てきましたよ。

比嘉愛未さんの関西弁は40秒くらいに登場します。

確かに可愛いです。

ずっと標準語だった人がぽろっと方言だすと、いいですよね~。

だいたい1話に1回しか関西弁を話さないので、いつ出てくるか楽しみです。

比嘉愛未さんは沖縄出身なので関西弁にはなじみがないと思いますが、いい味でてます。

第4話はみなみの元カレが出てくる話なので、出番も多そうですし期待できますね。

ケイジとケンジ第3話を見たネットの反応は?

ケイジとケンジ第3話を見たみんなの反応はどうだったんでしょうか。

風間杜夫さんと柳葉敏郎さんの掛け合いがよかった!

 

 

第3話はいろんな人間関係が見えてきて面白かった。

ツイッターでは面白かったという声が多いですね。

第3話になって、つまらないなと思ってる人は見なくなってきてるでしょうしね。

風間杜夫さん演じる署長と柳葉敏郎さん演じる支部長の、ケイジとケンジコンビが面白みを増してきてるんですよね。

対抗心バチバチだけど、なぜか署長のほうが支部長をすごくいじってくるんです。

二人の過去も気になります。

第4話はどんな話なんでしょうか。

ケイジとケンジ第4話予想

ケイジとケンジ第4話は密着警察24時。

豪太のいる横浜桜木署がテレビの密着取材を受けることになります。

そんな中放火事件が起き、張り切る刑事課メンバーとテレビスタッフですが、ボヤ程度の被害だったため豪太一人が担当することに。

被害者の男性に話を聞くと、2カ月付き合って別れた女性が怪しいと話します。

ところが被害者の男性は、みなみが3カ月前まで同棲していた元恋人だった…。

という内容です。

 

3か月前までみなみと付き合っていて、2カ月付き合って別れた彼女がいるとはなんともチャラい男と付き合っていたものです。

見どころとしては、兄として刑事として豪太はどう行動するのか、みなみに好意を寄せる修平はどうするのか、でしょう。

兄として好感のもてない被害者に、豪太は刑事としてちゃんと対応できるんでしょうか。

修平とみなみの関係性がちょっと変わりそうなのも楽しみです。

元カレがみなみに失礼は言動をして、修平が怒ったりするとアツいですね。

ケイジとケンジ第3話考察ネタバレまとめ

ケイジとケンジ第3話のまとめ、いかがでしたか?

このドラマは刑事と検事の立場の違いとか仕事のことをわかりやすくコミカルに描かれています。

事件自体はひねらず、わかりやすいのが見やすくていいですよね。

第4話も楽しみですね。

スポンサーリンク
ケイジとケンジ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンドラマンガ