監察医朝顔の赤井啓介役の笠原秀幸って誰??どんな人?

背丈はすらっとしていながらも、甘いマスクと子犬のような愛嬌のある雰囲気の笠原秀幸さん。

数えきれない程のテレビドラマに出演される演技力はお見事で、そんな笠原秀幸さんが演じる赤井啓介さんは真面目な役どころとなっています。

笠原秀幸さんのこれまでの出演作品は?

笠原秀幸さんは、1983年4月29日生まれの36歳です。

出身は東京都です。

身長は173cmの血液型はA型です。

事務所は、トライストーン・エンタテイメントに所属しており、主に俳優として活動されています。

特技は野球をすること、趣味は本を読むことです。好きな食べ物はハンバーグです。

出身高校は日本大学高等学校です。

笠原秀幸さんは、1995年に放送されたテレビドラマ『大地の子』で上川隆也さんが演じた、陸一心の子ども時代の役として出演し、見事、俳優としてデビューを果たしました。

その後は現在に至るまで、数えきれない程の多くのドラマに抜擢される程の目覚ましい活躍をされております。

また、1999年にはNHKのテレビドラマである、朝の連続テレビ小説『すずらん』の常盤鉄男の少年時代の役として大抜擢され、その後、2010年には『夏の恋は虹色に輝く』にも出演されています。

2016年には、二度目となるNHKでの出演ドラマ、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』にも出演し、着実に爪痕を残している様子がうかがえます。

その他には『コウノドリ第2シリーズ』の第6話や『ブラックスキャンダル』の第5話、ここ最近では『世にも奇妙な物語 雨の特別編 人間の種』や『だから私は推しました』など単発で抜擢されることも多々ありますが、どんな役柄もマルチにこなす、笠原秀幸さんの演技力が買われてのことではないでしょうか。

その中でも『ブラックスキャンダル』では自分の性癖をさらけ出す、ちょっと変態気味でエキセントリックな演技が話題になりました。

それまで笠原秀幸さんを知らなかった人も、一瞬で顔を覚えてしまうほどの、ある意味では強烈な演技で気持ち悪さを感じさせるくらいでした。

また、とても体を張った演技で役者さんとして素晴らしい人なのだと感じさせられるような、そんな演技でもありました。

映画では『GTO』や『リリイ・シュシュのすべて』『花とアリス』『宇宙兄弟』などヒット作には必ず出ておられます。

もちろんそれだけに収まらず、舞台やラジオ、CMでも出演しています。NISSAN『ルネッサ』や公文式のCMは有名で、誰もが一度は目にしたことがあると思います。

笠原秀幸さんの演技力は!?月9出演は約9年ぶり

笠原秀幸さんは『監察医朝顔』の第10話と第11話でのゲスト出演として出演されました。

役どころはというと、国江建設で働いている赤井啓介さんです。

赤井啓介さんは男らしい性格の持ち主であり、奥さんの出産が間近となっている為、子どもに対してまっすぐな人間でありたいと思う、かっこいい人物であります。

職場では現場監督をしており、職場のみんなからも慕われている存在です。

物語の中では、情報提供者として、国江建設が鮫島組と関わっていたことを知る、重要な鍵を握る人物の役どころでした。

国江建設では最近自殺者が多い為、風間俊介さん演じる桑原刑事は内部の人間に聞き込みをしていました。

国江建設を担当している神奈川県警の市川右團次さん演じる神崎刑事と、桑原刑事は赤井啓介さんの元を訪ねて話を聞くのですが、全員、息がぴったりでとても自然な演技でした。

その後に産業廃棄物が捨てられている現場を見に行きますが、大雨で天候が悪い中、3人は、土砂災害に巻き込まれてしまうのでした。

第11話の冒頭では、大雨の中、土の中に埋まってしまった桑原刑事を、赤井啓介さんと神崎刑事が助ける場面は危機迫った様子が伝わる、すごく迫力のある演技をされていました。

声の出し方で、切羽詰まった必死の様子が伝わって来ました。

山梨県守山市の土砂災害で、被害に遭った人の検死を行おうとしていた万木朝顔さんの元に赤井啓介さんが出向き、万木朝顔さん達との会話のシーンも度々ありました。

第10話では作業着姿で、第11話ではジャージ姿の笠原秀幸さんが見られました。

笠原秀幸さんがゲスト出演ということになると、重要な役柄なのではないかなと思うので、今回もきっと何か裏があるのではないかなと思っていましたが、物語は意外な展開を迎えました。

赤井啓介さんは初めの印象通り、真面目で仲間思いの人だったのです。

裏の裏をかかれた感じですね。

ちょっと変わった役柄で注目されることが多い、笠原秀幸さんですが、こういう真面目な人柄の役もバッチリ決まっていました。

声も低めで落ちついているので聞き取りやすく、見た目とのギャップもあります。

自然な演技もとても上手でした。

またこういう役柄の笠原秀幸さんを見てみたいなと思うような、自然な演技でした。

赤井啓介役の笠原秀幸さんって誰??のまとめ!!

とにかくテレビドラマのゲスト出演が多い笠原秀幸さんは、どんな役柄も自分の色に染めてしまう、バイプレーヤーかと思われます。

これまで数々の作品に出られている笠原秀幸さんですが、役柄は好青年からエキセントリックまで、カメレオンかのように演じられますが、その素顔は事務所の俳優さんと仲睦まじく写真を撮られたり、趣味は読書、特技は野球といったところから文学にも詳しくて聡明なイメージ、またスポーツが得意ということで、健康的で活発な要素も持っている人物だなという印象です。

何より甘いマスクで子犬みたいな可愛らしさがあるので、一目みて気になる存在になる人は多いかと思われます。

笠原秀幸さんは10月から始まるドラマ『死亡フラグが立ちました!』にも出演されます。

笠原秀幸さんのこれからの活躍から目が離せません。