神奈川県マスク売り切れの店続出!ネット販売なら在庫アリ?コロナウィルス対策!

時事

新型コロナウィルスの感染拡大により、マスクが売り切れてしまうお店が続出しています。

そこで、どうすればマスクが買えるのか調査しました。

また、コロナウィルスへの対策についてもまとめていきます。

マスクの売り切れ店が続出

神奈川県内の多くのドラッグストアなどでマスクが売り切れる状態になっています。

神奈川県在住の男性の新型コロナウィルスの感染が確認されたためでしょう。

現在はその男性は全快されていて、周囲の感染者もいないようです。

しかし、感染者が出たと聞いたらマスクが欲しくなるのも仕方ありませんよね。

マスクを入荷しても、わずか15分で売り切れるなど、マスクの供給が間に合っていない状況です。

ここにはマスクがあるよという情報もありました。

マスクを売っている店舗も出てきているようですね。

藤沢市では選挙チラシ付きのマスクを配っているとか。

こういう団体もマスクを買い占めてるから、店舗にないってこともあるんじゃないでしょうか。

マスクを購入するならネット通販

店舗でマスクを買おうとすると、何店回ってもなかったりと大変です。

確実にマスクを購入するならネット通販でしょう。

楽天やアマゾンには色々とマスクが売っています。

 

しかし、気を付けて欲しいのが高額転売です。

50枚入りのマスクに5000円の値がついているのはザラで、60枚入り9000円なんてものも。

値段をよく検討してからご購入されることをおススメします。

 

マスクのメーカーも増産に踏み切っているようですし、もう少し待てばまたいつもどおりマスクを買えるようになるのではないでしょうか。

まもなく花粉も飛び始めますし、それまでにマスクが簡単に通常の値段で手に入るようになるといいですね。

コロナウィルス対策の基本

では、マスクが手に入らなかった場合、感染を防ぐにはどういう方法が有効なんでしょうか。

コロナウィルスの感染経路には二つのパターンがあります。

飛沫感染:感染者のくしゃみや咳、つばなどと一緒に放出されたウィルスを吸い込んで感染します。
接触感染:感染者がくしゃみや咳を手で押さえたあと、触った場所にウィルスが付きます。

その場所を触ることで手にウィルスが移り、その手で口や鼻などをさわると感染します。

なので、まずは石鹸やアルコールで手を洗うこと、消毒することで感染を防ぐことができます。

うがいをすることも有効です。

さらに、人の多い場所にはなるべく出かけないようにしましょう

マスクは感染者が周りにうつさないようするには有効ですが、予防には屋外ではあまり効果はないそうです。

屋内の込み合った場所や喚起が不十分な場所では、感染予防になります。

 

もし咳やくしゃみの症状が出ている場合は、咳エチケットを心がけるといいですね。

咳エチケットとは、咳やくしゃみをする際、ハンカチやティッシュ、袖やひじの内側で口をおさえることです。

手のひらで押さえてしまうと接触感染させてしまう可能性がありますので、こういう方法がいいそうです。

 

また、マスクがなくても自宅に帰ったらすぐにシャワーを浴びることも良いですよね。

そして、とにかくウィルス除去をしていきたい場合は、医療機関でも使われているプロ仕様の除菌ミストなんかもありますね。

これは、新型コロナウィルスだけでなくとにかくウィルス対策としてかなり効果のあるものです。

食卓を常に清潔に、除菌したい方にはおススメです。

神奈川県マスク売り切れの店続出!ネット販売なら在庫アリ、コロナウィルス対策!まとめ

神奈川県内でマスクの売り切れが多発しています。

ツイッターなどで販売している店舗情報が載っていたりしますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

たとえマスクが手に入らなくても、手洗いうがいでかなり予防できますので、ぜひやってみてください。

スポンサーリンク
時事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンドラマンガ