日本対ロシア。ラグビーワールドカップ試合結果と次戦予想!

プールA

ラグビーワールドカップ2019日本大会が開幕しました。

世界中からたくさんのラグビーファンが訪れるラグビーの祭典の始まりです。

アジアで初めて行なわれるラグビーワールドカップとしても世界中から注目されています。

そんな中、先陣を切った日本代表の試合結果や次戦への展望などをまとめてみました。

日本VSロシアの試合結果と見どころ

日本対ロシアの開幕戦は、30-10で日本が勝利しました。

試合序盤には日本代表は、緊張からか堅さも多少あったのではないかと思います。

最初のプレーでロシアに攻め込まれると、ハイパントの高いボールをフルバックのトゥポウ選手が落としてしまい、トライを奪われて先制点を与えてしまいました。

しかし、その後は落ち着いてプレーし、前半を12-7と日本のリードで折り返しました。

前半のうちにリードして折り返せたのは、日本にとって大きかったのではないでしょうか。

後半に入り53分には、ロシアにゴールラインぎりぎりまで攻め込みながらもトライさせませんでした。

ここで、フォワード(FW)を2人いっきに変え、スクラムで押し負けなかったことが大きかったと思います。

この一連の攻撃でロシアは、トライまでもっていけませんでした。

日本はリザーブの選手も次々と交代し、殆どの選手が出場しました。

その後もロシアはキックも使い攻撃を組み立てようとしますが、うまくいかず、60分にはプレースキックでの3点止まりとなりました。

それに対し、日本は64分にスタンドオフの田村選手が長いペナルティキックをしっかり決めます。

試合後半には、消耗のある選手からフレッシュな面子へ交代し、スクラムなどでも押し負けずに安定した試合運びをしていたのではないでしょうか。

個人的には、パワーで押したいロシアに対し、2人単位でのタックルをしていた日本のディフェンスは素晴らしかったのではないかと思います。

見どころは、松島選手のトライ場面ではないでしょうか。

 

巧みなステップでのハットトリックは日本全体の攻撃面での自信につながったのではないでしょうか。

4トライしたことも大きな成果となりました。

4トライ以上することでボーナスポイント1を得たため、日本の勝ち点は勝ち点4+1で5となりました。

日本の次回予想

日本の次戦の対戦相手は、現時点で世界ランキング1位のアイルランドとなります。

アイルランド対スコットランドを見てわかるとおり、アイルランドはフィジカルを活かした非常に強いフォワード陣が特徴でもあります。

そのため、フォワードの出来が左右する、日本のフォワードの真価が問われる試合になるのではないでしょうか。

ロシア戦でトライされたのは序盤のミスからの1トライのみとなっています。

試合開始早々の1トライに長い時間、精神的なプレッシャーを受けたので、ミスを無くすことが日本の課題と言えるかもしれません。

ロシア戦でのプラス材料も多くありました。

ラン(走力)やステップなど、勢いのある走りが出来ていたのは、日本の方がロシアより上だったと思います。

選手交代で殆どのメンバーが出場できたというのも、次戦以降のためにも良かったのではないでしょうか。

日本は、試合序盤こそ堅さが見られたものの後半には殆どミスもなく、いつも通りのプレーができていました。

アイルランド戦は非常に厳しい戦いになりますが、試合開始序盤からチャレンジ精神でいつも通りのプレーをすれば良い試合ができるのではないでしょうか。

ロシアの次回予想

ロシアの次戦は、サモア代表戦となります。

開幕から連敗は避けたいはずなので、全力で挑むのではないでしょうか。

両チームともフィジカルに優れていて、スクラムやタックルの強いのが特徴です。

体と体がぶつかり合うコンタクトの強いパワー対決が見ものです。

ロシアにとって日本戦は開催国との初戦となり、やりずらかったのではないかと思います。

せっかくのチャンスもかんじんの最後の部分でパスミスなどが出てしまいました。

ラインアウトのスローイングなどでもすんなりいかず、ストレスがあるような雰囲気が見受けられました。

最後のプレーも、パスミスからノーサイドになってしまいました。

ロシアにとっては、序盤の日本のミスにつけこんだ1トライのみとなってしまいました。

また、ロシアは保持しているボールを奪われ、トライまでもっていかれたプレーやミスという程ではありませんが、ハイパントのキックの精度がよくないシーンが見受けられました。

それらの細かい修正ができれば、サモア戦で勝つことも不可能ではないと思います。

日本VSロシアのまとめ

接戦でしたが、終わってみれば30-10と日本にとっては良い結果となったのではないかと思います。

開幕ゲームは、お互いのチームにとってやりにくかったと思いますが、好ゲームだったのではないでしょうか。

松島選手のハットトリックと1トライ合わせて4トライできたことは、今後も有利に働くのではないかと思います。

4トライ以上することで勝ち点が1点加算されるので、合計5点とれたことが大きな成果となりました。