ラグビーWカップ2019日本代表は強い?注目選手は?過去成績は?

日本

ラグビーワールドカップ2019日本大会で日本代表は、9大会連続9度目の出場となります。

日本代表の現在の世界ランクは11位となります。

チームの愛称は、ブレイブ・ブロッサムズ(勇敢な桜の戦士たち)です。

第9回のラグビーワールドカップはアジア初の開催となります。

ラグビーワールドカップ2019日本大会では日本は開催国ということもあり、注目されている国のひとつとなります。

日本代表は初となるベスト8への進出が期待されています。

日本代表はワールドカップ過去8大会で、決勝トーナメントに進出したことはありません。

2015年のワールドカップまでは引き分けを除いて、ワールドカップで1勝しか挙げたことがありませんでした。

しかし、2015年のワールドカップでの活躍が記憶に新しく、国民の期待も大きくなっています。

前回大会後もス-パーラグビーへのサンウルブスの参戦やオリンピックでの7人制ラグビーからの選手の招集など強化されたポイントが幾つかあります。

以前の日本代表は体格で劣るヨーロッパ(欧州)との戦いなどで、スクラムなどFWの力で負けていた場面が多々見られました。

しかし、近年では、2015年のワールドカップ南アフリカ戦のような身体の大きい相手とのスクラムでも押し負けることが少なくなってきています。

ラグビーワールドカップ日本代表の最近の成績は!?

日本代表の近年の対戦成績では、2018年の6月にイタリアを相手に1勝1敗、ジョージアに快勝という結果でした。

秋にはヨーロッパ遠征をし、アウェーでイングランドやロシアと対戦しました。

イングランド相手に善戦し、ロシア代表には32-27で勝利しています。

日本代表がベスト8に進出する際に壁となる国は、スコットランドかサモアあたりだと言えそうです。

日本はまだワールドカップでスコットランドに勝ったことがなく、3戦全敗となっています。

そのため、スコットランドやサモアを相手にどこまで結果を残せるかが鍵となりそうです。

ラグビー日本代表監督の経歴や指導方法は!?


監督はジェイミー・ジョセフ氏です。

ニュージーランド出身のラグビーユニオンの元選手です。

現役時代のポジションはフランカーやロック、No.8をしていました。

ジャパントップリーグでは現・宗像サニックスブルースに所属していたこともあります。

ラグビー日本代表としても1999年のワールドカップに出場した経験があり、日本にとてもゆかりのある監督です。

2016年の9月から日本代表のヘッドコーチに就任しました。

その後、スーパーラグビーのサンウルブスの監督と兼任してきました。

熱のこもった指導で、厳しい練習を選手に課すことでも知られています。

日本在住の経験もあり、簡単なやりとりであれば日本語で話すことが出来るそうです。

ワールドカップ開催直前にして、最愛の母を亡くしております。

天国の母に良い報告ができるように、本大会で指揮を執っていただきたいですね。

先日の試合では、トニー・ブラウンコーチ(元NZ代表)が指揮を執りましたが、二人の力が合わさって、日本代表が躍進していくと思います。

ラグビー日本代表【注目選手】

福岡 堅樹(WTB)


日本のトライゲッターで、50メートルを5秒8で駆け抜ける瞬足のウィングです。

現在の日本代表には欠かせないWTB(ウィングスリークォーターバック)です。

ラインぎわを走り抜けるスピードが抜群で、決定力とスピードが際立った武器の選手です。

快速ウィングとしてリオデジャネイロオリンピックでの7人制ラグビーに出場しました。

その活躍が認められ、その後、15人制の日本代表に選ばれました。

ジャパンラグビートップリーグでは、パナソニック ワイルドナイツに所属しています。

ラグビー引退後は医者を目指している選手で、ラグビーと医学の二つの道を歩む努力家です。

>>福岡堅樹をもっと詳しく!!

リーチマイケル(FL)

日本代表キャップ数59のフランカーの選手です。

日本代表の大黒柱と形容されることも多いほど精神的支柱となっています。

冷静な判断力と突進力が特徴的です。

ワールドカップを2度経験し、高いランニングスキルと豊富な運動量でチームを引っ張ります。

ニュージーランド出身で15歳の時に来日し、日本の高校、大学で育ちました。

現在は日本に帰化し、国籍が日本となっています。

2015年にはニュージーランドのクラブの強豪「チーフス」に加入しました。

また、スーパーラグビーのサンウルブズなどでも経験を磨いてきました。

ラグビーワールドカップ2015大会では、南アフリカを破る大金星を挙げたキャプテン(主将)として中心人物でした。

最後のトライを狙いにいく判断の決断をした場面は有名です。

>>リーチマイケルをもっと詳しく!!

田村 優(SO)


日本代表の司令塔であり、チームのバランスをとるスタンドオフの選手です。

天才肌との評判が高く、ラグビーセンスを持ち合わせた選手です。

エリア(陣地)を前方に進めるタッチキックなどでの正確さが特徴的です。

日本代表キャップは54を数えます。

チームの心臓となるスタンドオフとして活躍が期待されるだけでなく、得点源となるキッカーも任されています。

コンバージョンキックでの正確さが勝敗を左右する重要な場面でのプレーに期待がかかります。

サンウルブスでも3年間プレーし、経験を積んできました。

日本
スポンサーリンク
スポンサーリンク
みづたまのドラマ・エンタメ・美容のトレンド情報日記