稲垣啓太「VS嵐」で大暴れか!?運動神経抜群でかっこいい!

VS嵐

ラグビーで日本中を沸かせた日本代表の稲垣啓太選手が「VS嵐」に出演します。

稲垣選手はワールドカップ後も多くのテレビ番組に出演していますが、「VS嵐」の正月特番でも大暴れしたのではないかと言われています。

噂にはセットを壊したのでは!?ともささやかれています。

そんな、稲垣啓太選手についてまとめてみました。

稲垣啓太選手VS嵐出演情報

稲垣啓太選手はラグビーワールドカップ後も様々なメディアに引っ張りだこで、多くの番組に出演していました。

そんな中、「VS嵐」という番組にも出演することが決まっています。

「VS嵐」は、2020年の1月3日に新年の3時間番組として放送されます。

稲垣選手だけでなく、他のラグビー日本代表の選手も参戦予定で、チームとして対抗戦が行なわれます。

「VS嵐」では、様々なアトラクションをクリアしていきます。

身体の俊敏性も求められるので、身体の大きな稲垣選手がどうなるか見どころです。

また、稲垣選手は「笑わない男」としてキャラクターも立っているので、「VS嵐」でも注目の選手です。

大暴れしてセットを壊したのでは!?と噂にもなっています。

プロップというポジションがら、恵まれた体格(フィジカル)を活かして大暴れしてくれるのではないでしょうか。

稲垣啓太選手のプロフィール

稲垣啓太選手は、1990年生まれの29歳のプロップ(フォワード)の選手です。

「ガッキー」の愛称でも知られています。

14歳からラグビーを始め、デビューの試合は花園ラグビー場でした。

高校は、新潟工業高校の出身です。高校時代には花園への出場経験もあります。

現在でも母校への思いが強いそうで、母校のグラウンドの芝を天然芝にするために300万円の寄付をしています。

大学は、関東学院大学に進学しました。関東学院大学では主将(キャプテン)を務めました。

しかし、関東学院大学は31季ぶりに2部リーグに降格してしまい、大学時代には悔しい思いをしたそうです。

その後、社会人になり、現在はジャパンラグビートップリーグでパナソニック・ワイルドナイツに所属しています。

また、スーパーラグビーでは日本の「サンウルブス」だけでなく、オーストラリアの「レベルズ」に所属していた経験もあります。

稲垣啓太選手のワールドカップでの活躍

稲垣啓太選手のワールドカップでの活躍は目に見張るものがありました。

スクラムに、ディフェンスに、攻撃に、とあらゆる場面で身体を張り、一躍、人気も知名度も上がった選手の1人です。

スクラムやモール、ラックなどで前戦で身体を張り、チームに貢献しました。日本のスクラムの強さの原動力となりました。

また、本来の身体を張るフォワードの仕事だけでなく、トライをとった福岡選手のサポートにいち早く駆けつけるなど、ラン(走力)などの面でも活躍していました。

スコットランド戦では、逆転となる重要な場面で貴重なトライを挙げました。

日本代表の選手が次から次へとオフロードパスをつなぎ、トライを奪ったプレーは大会ベストプレーに挙げる評論家の人もいました。

最後にトライをあげたことがクローズアップされがちですが、フォワードの選手がその場面までサポートをしっかりしているということに価値があったように思います。

稲垣啓太選手「VS嵐」まとめ、感想

正月特番のテレビ番組、「VS嵐」に出演する稲垣啓太選手についてまとめてみました。

今回、ラグビー日本代表チームの一員として稲垣選手も番組に出演します。

稲垣選手は恵まれたフィジカルはもちろん、運動神経も抜群なので、番組でも大暴れしてくれるのではないかと期待されています。

「笑わない男」というキャラクターとしても注目です。

「VS嵐」では様々なアトラクションに挑戦するので、身体能力が問われそうですね。