『Heaven?~ご苦楽レストラン~』ヘブン第一話あらすじ・感想・ネタバレ次回予想

Heaven?~ご苦楽レストラン~

石原さとみさん主演の、佐々木倫子さんの漫画「Heaven?」を原作としたドラマです。

物語の舞台は、オーナーの為のレストラン『ロワン・ディシー<この世の果て>』という名前のフレンチレストラン。

オーナーである黒須仮名子(石原さとみ)と、個性豊かなスタッフが次々に降りかかるトラブルにまき込まれながらも、なくてはならない存在に成長していくフレンチレストランコメディーです。

ドラマ『ヘブン?ご苦楽レストラン』第一話あらすじ、石原さとみは超変わり者!?

フランス料理店で働いていた伊賀観(福士蒼汰)は、真面目だけれども、営業スマイルが出来ず、仲間や上司やお客からも評価されていなかった・・・。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Welcome to Loin D’ici. Episode 1 is gonna be on air today! 遂に1話放送!! ようこそ、ロワンディシーへ! #drama #heaven #satomiishihara

福士蒼汰さん(@fukushi_sota_official)がシェアした投稿 –

ある日、クレーマー客に『笑え!』と言われても、真面目ゆえに『笑えません』と答えてしまいます。

その場にいた謎の女性客、黒須仮名子(石原さとみ)は、仕事帰りの伊賀に声をかけ、『何事にも動じないところがいい!』と伝えます。

そして、伊賀が『レストランに必要なのは何?』という問いかけに答えられずにいると、『それは距離感』『客とスタッフとの緊張感と親近感』そして、『スタッフに必要なのはオリジナリティ』と謎の言葉を告げます。

(後にスタッフそれぞれに違う言葉を投げかけていたようです。)

なぜかその時の言葉が心に響き、近々オープンするというレストランで、働くことを決めます。

「heaven?ご苦楽レストラン」オーナー仮名子が集めたスタッフは・・・?

仮名子オリジナル地図を片手に店を訪ねた伊賀。

スズキと書かれた場所は、鱸(すずき)石材店。

次にはカエルの銅像??

次にボタンと書かれた先には、ライトアップされた牡丹が咲いています。

そこは、駅からも繁華街からも住宅地からもかけ離れた、墓地の中に佇むレストランでした。

午前零時の打ち合わせに相応しく、既に仮名子がスカウトしてやってきたスタッフがランタン片手に出迎えてくれました。

個性豊かなスタッフたち

・元美容師見習いの川合太一(志尊淳)
・牛丼屋・ピザ屋店長5年の堤計太郎(勝村政信)
・過去に重大な秘密がある元三ッ星レストランシェフ小澤幸應(段田安則)
・元銀行員でソムリエの資格を持つ山縣重臣(岸部一徳)
・見習シェフ月川陽平(大重わたる)
・見習シェフ高遠大地(松本ししまる)

なんと、小澤以外は、フレンチ未経験の素人ばかり。

 

この投稿をInstagramで見る

 

They celebrated for my birthday. Thanks a lot great casts👍🏻 みんながお祝いしてくれた! ありがとう^ ^ #tv #drama #heaven #dramaheaven

福士蒼汰さん(@fukushi_sota_official)がシェアした投稿 –

風変わりなオーナー仮名子は、4日後に行われるオープンンパーティの準備をしてほしいと、まだ荷物が山積みになっている店内を見渡しながら話します。

仮名子はお店を繁盛させる気など毛頭なく、『自分が心ゆくままにお酒と食事を楽しみたい!』と言うオーナー仮名子。

シェフがメニューを考案する際には、『野菜が無くても肉があれば大丈夫!』という始末に唖然とされます。

さらに、保健所の申請は手続き中で、今日が検査に来る日だと言い放ちます。

スタッフたちは、頼りないオーナーの言動に振り回されるのはは、諦観(ていかん)という技?を習得しています。

※諦観の意味:物事の本質を見極め、察し、諦めること

オープンパーティーは間に合うのか??

あっという間に前日になり、当日の招待客が500人?更に立食式!?などなど、次々と問題が続く中、オープンパーティー当日はやってきます。

しかし、時間になっても招待客が来ないというまさかの事態に、またまた不安が溢れます・・・。

けれども原因は、4月1日必着で送った招待状の日付(4月31日)の勘違いだとわかり、すぐに電話をして招待客がやって来ました!

何とかスタートを切り、オープンパーティ当日も無事に終えるかと思っていた矢先に空調が故障!?

とにかくトラブル続きの『ロワン・ディシー<この世の果て>』。

これからもまだまだ波乱が起き続けそうです。

ドラマ「ヘブン?ご苦楽レストラン」番組を見た感想と次回の予測

登場人物の個性が光り楽しい感じがします。

これからの展開でどの人物が、どのような役割を見せてくれるのか非常に楽しみです。

一番気になるのは、オーナー仮名子がいったい何者なのか?

頼りなく、予測不能な超変わり者のオーナー黒須仮名子。

引き出しいっぱいの加奈子役の石原さともさんから目が離せません。

シェフ・ド・ラン(ヨーロッパの料飲施設の上級ウェイター)

伊賀観役の福士蒼汰さんの真面目ぶりが面白く、仮名子との出会いでどんなサービスマンに成長をしていくのか、まだまだ見ごたえありです。

コミ・ド・ラン(上級ウェイターの補佐、コミ・ド・スウィートとも呼ばれるらしい)の

川合太一役の志尊淳さんの天然癒し系が炸裂していて楽しみです。

そして、謎の紳士の正体は?

またお気に入りのティーカップも気になります。

ドラマ「ヘブン?ご苦楽レストラン」次回の予想や考察

1ヶ月が過ぎても、常連客が集うレストランは閑古鳥が鳴いている。

表参道からも駅からも繁華街からも離れていて、やはり墓地の中にあるからなのか?

そして、客が来ないのは料理のせいでは?と、思い悩むシェフ小澤。

小澤シェフ、腕は良いのだが少し気弱になると、味が薄くなるらしい。

見かねたオーナー仮名子は、シェフ小澤の自信を取り戻そうとチラシ作戦や

様々な画策をするが・・・。

不運の天才シェフ小澤の運命はどうなることか?