福岡堅樹「VS嵐」で再び嵐と対決!「嵐にしやがれ」肉グルメデスマッチリベンジ

VS嵐

ラグビー日本代表の快速ウィング福岡堅樹選手が「VS嵐」に出演します。

「VS嵐」は、新春豪華3時間番組として2020年の1月3日に放送されます。

福岡選手は過去にも嵐の番組「嵐にしやがれ」の肉グルメデスマッチに出演していて、リベンジとなるでしょうか。

福岡選手にとっては、再び嵐と対決するチャンスとなります。

そんな、運動神経が抜群でスピードスターの福岡選手の「VS嵐」出演情報などについてまとめてみました。

福岡堅樹選手のVS嵐出演情報

2020年の1月3日に放送予定の「VS嵐」新春豪華3時間スペシャルでは、ラグビー日本代表とソフトバンクホークス、嵐が3つ巴対決を行います。

予選での順位によって、決勝で「プレッシャーストライカー」に挑む人数が決定するそうです。

ラグビー日本代表チームには、福岡堅樹選手も一員として出演します。

ラグビー日本代表チームのメンバーは、福岡堅樹選手、田中史朗選手、田村優選手、稲垣啓太選手、松田力也選手、坂手淳史選手となります。

応援ゲストに、お笑い芸人の井戸田潤さんとタレントの池田美優(みちょぱ)さんが出演します。

福岡選手は、「10m競走」で相場雅紀さん、周東祐京さんと争います。


短い距離ではありますが、瞬発力のある福岡選手の脚力が活かされるのではないでしょうか。

福岡選手は過去にも嵐の番組「嵐にしやがれ」に出演していて、「体育会系肉グルメデスマッチ!」を行なっています。

今回は、肉グルメデスマッチのリベンジとなるでしょうか!?

福岡堅樹選手のプロフィール

福岡堅樹選手は、1992年生まれの27歳の選手です。

5歳の時にラグビーを始めました。

福岡堅樹選手は名前と同じく、福岡県の福岡高校の出身です。

福岡県立福岡高等学校時代には、全国高校ラグビーで花園に出場しています。

その後、筑波大学に進学します。

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、7人制日本代表に選ばれました。

本大会ではニュージーランドを敗る大金星をあげ、日本の4位にに貢献しました。

2016年にパナソニック・ワイルドナイツに加入し、現在も所属しています。

来年行なわれる「東京オリンピック2020」の7人制ラグビーへの出場を目指しており、それが終わったら引退して医学の道を目指すと公言されています。

>>【福岡堅樹】50mは5秒〇〇!日本代表スピードスターは2020年引退後は医者に!?

福岡堅樹選手のワールドカップでの活躍

福岡堅樹選手のワールドカップでの活躍ぶりは目に見張るものがありました。

1人で独走するシーンやトライをとるシーンが多かったので、ラグビーを見始めたばかりのファンの人にも活躍ぶりがよくわかったのではないでしょうか。

初戦のロシア戦は怪我の影響もあり出場できませんでしたが、アイルランド戦の途中から出場すると、いきなり試合を決定づけるトライをあげました。

日本の大一番となったスコットランド戦でも2トライに1アシストと大活躍でした。

福岡選手というとトライを奪う場面ばかりが目立ちがちですが、ディフェンス面でもかなりの活躍をしています。

日本がスコットランドに押し込まれた後半15分過ぎ、相手のパスを玉砕覚悟でインターセプトを狙いに行きました。

このプレーにより、押し込まれていた日本の選手が精神面で復活し始めたと言われています。

また、試合終了間際のディフェンスでもラックでボールを確保し、ターンオーバーの起点となりました。

これら、福岡選手の総合的な活躍がなければ、日本の躍進はなかったと言えます。

福岡堅樹選手「VS嵐」まとめ、感想

福岡堅樹選手は、ワールドカップ後も多くのテレビ番組に出演していました。

スポーツ系の番組では、抜群の運動神経を活かすシーンなどもありました。

そんな中、お正月特番の「VS嵐」にも出演します。「VS嵐」はアトラクションをクリアする番組なので、運動能力を活かして活躍してくれるのではないでしょうか。

楽しみにしている人も多いかと思います。

福岡選手は誠実で優しそうなイメージのある選手なので、テレビ的にも出演させたい選手なのかもしれません。