安斉かれんは実在して実物は浜崎あゆみ似!「M愛すべき人がいて」でドラマデビュー

芸能トレンド

歌手、アーティストの安斉かれん(20)さんが、テレビ朝日系4月期の土曜ナイトドラマ『M 愛すべき人がいて』(毎週土曜よる11:15~)で主演を務めることが分かりました!

今まで実物はいない?バーチャルなのでは?と言われ続けていた安斉かれんさん。

昨年の5月1日に歌手デビューした「令和の歌姫」と呼ばれる安斉かれんさんが、いきなりの浜崎あゆみ役に大抜擢ですね。

ドラマが始まる前に、まとめました!

安斉かれんって誰?そもそも存在するの?

そもそも、今まで謎が多かった安斉かれんさんですが、実物はいなくバーチャルなのでは?とまで言われておりました。

浜崎あゆみさんの若い頃にそっくりですね。

名前:安斉かれん
生年月日:1999年8月15日20歳
出身:神奈川県藤沢市
職業:歌手、作詞家
所属:エイベックス

学生時代は吹奏楽部で、サックスをしていたそうです。

昨年渋谷の人気ショップ「RELECT by RUNWAY CHANNEL Lab.」の店員として働きながら、コスメブランド「M・A・C」の「ツヤスキン」ビジュアルに新人ながら採用されています。

このころから美人と評判でしたし、完璧すぎるビジュアルからバーチャルなのでは?と言われていました。

安斉かれんがバーチャルと言われた理由は?

ちゃんと実在して、タワーレコードで写真を撮っていますね。

ではなぜそのような噂が立ったのでしょうか?

デビューして間もないころの10月に開催された渋谷音楽祭で姿をステージに一切見せないという演出があったことや、容姿端麗で無機質な雰囲気からSNSを中心にバーチャルなのではないかと噂されていました。

無表情だとバーチャル感がさらにありますね。

また、「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」の映像もところどころバーチャルっぽさがでています。

90年代の浜崎あゆみさん全盛期の時のような懐かしさがある曲ですね。

安斉かれんは浜崎あゆみに似ている?

そんな安斉かれんさんが主演を務めるドラマ『M 愛すべき人がいて』はどのようなドラマなのでしょうか?

歌姫・浜崎あゆみの誕生秘話といことですが、演じる安斉かれんさんが浜崎あゆみさんに似ているのでドラマに入り込めそうですね。

ただ、本格的な演技は発となるので、どこまで演技力があるのかも気になります。

『M 愛すべき人がいて』は浜崎あゆみさんの数々の出会いと別れを描いた同名小説(小松成美著・幻冬舎刊)を、鈴木おさむさんが脚本で連続ドラマ化されました。

福岡から上京し、トップスターに上り詰めていく浜崎あゆみをどのように演じるか注目ですね。

安斉かれんは実在して実物は浜崎あゆみ似!「M愛すべき人がいて」でドラマデビューまとめ

浜崎あゆみさんと言えば、個人的には中高校時代にずっと聴いていましたし、どこに行っても耳にしない日はないくらい曲があちこちで流れていました。

アラフォー世代からすると青春ど真ん中ですね。

見ていると懐かしさを感じてしまうような気がします。

テレビ朝日系4月期の土曜ナイトドラマ『M 愛すべき人がいて』(毎週土曜よる11:15~)が楽しみですね。

スポンサーリンク
芸能トレンド
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンドラマンガ