あなたの番です13話考察! 南は被害者遺族か!?

TBSテレビ

第2クールへ突入し、さらに目が離せなくなってきた「あなたの番です」。

このページでは、13話のあらすじをメインに考察しました。

視聴済みの方は13話を思い出しながら、視聴前の方はイメージしながら読んでいただければと思います。

あなたの番です13話考察!(あらすじネタバレあり)

前回の終盤、藤井の部屋へ強引に押し入った翔太。

隠れていた外国籍の男性二人組に背後から襲われ、目隠しをされて部屋から連れ出されます。

その外国籍男性二人は、俳優の袴田を殺害した容疑で指名手配されていた二人でした。

しかしマンションのエレベーター前で、二階堂と遭遇。

彼は『めんどくさいなあ』と言いながら、ナイフを持った相手に臆することなく、攻撃を見事にかわして二人を倒してしまいました。

ただの潔癖理系男子ではなかったんですね。

開始早々釘づけになるかっこよさでした。

その様子を見てこっそり部屋に逃げ戻る藤井、入れ違いに401号室から出てきたのは木下と管理人の蓬田です。

木下と蓬田は男女の関係になったのでしょう、着衣が乱れていました。

以前401号室に押し入った際には蓬田も初見の様子だったので、その後関係が深まったと考えられます。

シンイーは騒ぎに気付いて荷物をまとめると、警察が来る前に恋人・クオンをマンションから追い出します。

彼が不法滞在者であることが警察にバレるのを何よりも恐れていましたからね。

恋人を守るため、シンイーが必死であることが伝わります。

翔太が誘拐されそうになったことでまた警察が動くことになりました。

袴田殺害についての取り調べも、明らかな口裏合わせで真相はわかりません。

さらに袴田の殺害は現場の足跡から三人組によるものと判明、未だ一人、正体がわかっていません。

足のサイズから女性の可能性が高いです。

事情聴取を受けた藤井は、部屋にあった大量の薬について、シンイーが故郷へ送るために代わりに用意したものだと説明。

続いて翔太の事情聴取に。

神谷の様子を不審に思った翔太は、ついに交換殺人ゲームにのことを水城に打ち明けます。

これまでゲームのことを隠してきた神谷は、翔太のみならず水城からの信用も失う結果となりました。

その頃、ラジオ局で仕事を終えた元304号室の住人・北川澄香と息子のそらを、影から総一が見ていました。

翔太の部屋には二階堂と黒島が来ていました。

翔太の強引な行動に、AIの意味がないと冷たく言い切る二階堂。

彼がいなければ翔太はどうなっていたかわかりません。

そんな二階堂を、前回頭の匂いを嗅がれるというとんでもないセクハラを受けた黒島はどんな気持ちで見つめているのでしょう。

目隠しをされた状況から、榎本家の事件の際にいた『もうひとり』の存在について、何か思い出さないかと問われる翔太。

しかし声だけでは誰かわからないようです。

同じように監禁されていた黒島もとくに何も話しません。

501号室の佐野は相変わらず正体不明、クーラーボックスを持って外階段から出ていきます。

すると、隣の502号室から新たな住人が現れました。

その南という男は、マンションの住人全員に紹介してほしいと蓬田に頼み、住民会への参加を決めます。

臨時住民会は町内会の夏祭りで出店を出すかが議題となりますが、トラブル続きのマンションから出店することに反対する素振りの者も。

いまは亡き浮田が例年参加していたことから、柿沼は遺志を継ぎたいという思いを告げます。

そこで江藤は、全員が殺人鬼に扮するお化け屋敷を提案しました。

尾野はおもしろそうだと賛成します。

『本物が混ざっているんだし』という余計なひと言とともに。

住民会には緊迫した空気が流れますが、そこに蓬田が現れ、南を紹介します。

南が入居したのは赤池夫妻が惨殺された部屋。

『同居人が殺された方から自己紹介を』という南に、浮田を亡くした柿沼は怒り、それを遮るように翔太が名乗ります。

南の登場は今後翔太にとって助けになるのか否か。

記者かと問われて否定していた南ですが、何か目的があってキウンクエ蔵前に来たことは明白です。

住民会を終えて木下から『資料』の返還を求められる翔太は、『復讐』のためまだ返せないと一蹴しました。

その頃、袴田殺害の三人目として捜査対象になっていたシンイーは、クオンとともにアリバイが判明。

イクバルも勤務先にいたため、容疑者から外されていました。

302号室では二階堂と翔太が一緒に鍋を食べています。

はじめはまったく手をつけなかったのに、二階堂は翔太の鍋を『おいしい』と言うまでになっています。

ここの『舌と顔は別人格』という二階堂のセリフは、犯人が多重人格者であることへの伏線でしょうか。

しかし徐々に関係がほぐれていくこの感じ、ハラハラさせられるドラマだからこそ安心できる貴重な描写ですね。

菜奈を喪って復讐の鬼となった翔太も、二階堂の変人ぶりに少し救われているように見受けられます。

ここで二人は情報収集の経過について話します。

尾野の情報が薄いと感じている二階堂に、彼女の部屋は怪しいところがないと返す翔太。

あんなに怪しい尾野が怪しくないと思っている翔太が怪しいです。

一見無関係そうな情報を拾っていくことでAIが答えを導きやすくなるでしょうから、表札の件やストーカー気質であること、不法侵入までやらかす異常性などは報告しておくべきだと思うのですが。

何よりも彼女が交換殺人ゲームで引いた紙が気になりますね。

以前、赤池幸子が『ジュリア』と叫びながら混乱状態になった描写がありましたが、尾野と管理人・床島を見たことに起因すると思われます。

管理人室にあったシュシュや、尾野が空室のはずの303号室に自在に出入りしていたことから、木下・蓬田のように管理人と住人が深い仲だったとしても不自然ではないでしょう。

彼女が床島を殺害していて、赤池夫妻の殺害にも関与していたとしたら……。

翔太は田宮に誘われて、満員on礼の公演を観に来ていました。

彼が設置していた隠しカメラの件で、誰かが映っていなかったか田宮に確認する翔太。

しかし田宮は『何も映っていなかった』と言ってその場を離れてしまいます。

田宮が見たものは一体何なのか。

口を閉ざしながらもマンションで生活していますが、自分には時間がないと語る場面もありましたね。

この公演にかなり力を入れていたので、本番を終えて一区切りついた田宮が事件絡みで何らかの行動をする予感。

水城は再度藤井に事情聴取を行っていました。

交換殺人ゲームの真相に近付くためです。

追いつめられた藤井は早苗と思しき人物から脅迫されていたことを明かしました。

藤井の部屋を自在に出入りできた犯人の様子から、神谷は榎本夫妻が所持していたマスターキーを思い出しています。

このマスターキーは『1』と書かれていることから、ほかにも数本存在するのではないかと思いますが、誰が持っているかは謎。

藤井はついに田中殺害について自供しようとしましたが、間一髪で自身のアリバイが判明したと刑事が飛び込んできました。

これには本人が最も驚いています。

視聴者が真っ先に思い浮かべるのは桜木のことでしょう。

彼女がアリバイをねつ造することは可能かもしれませんが、目的が分かりません。

そんな思考を裏付けるように場面は翔太の勤務先であるスポーツジムへ。

トレーニングをする桜木と、その横では指名を受けて桜木の担当になった翔太。

事件のことで頭がいっぱいの翔太は上の空で、本来なら3セットでいいトレーニングを12セットも桜木にさせていました。

彼女は慌てて謝罪する翔太に、『ある意味肉体労働なんで』と微笑みます。

これは看護師という職業柄、という意味でしょうか。

一般女性の筋肉量ではこなせそうにないことを平然とやってのけていた桜木の謎は深まるばかりです。

北川親子がスーパーで買い物をしている場面へ移行します。

そらは欲しいおやつがあったことを思い出し、ひとりでお菓子コーナーへ。

するとそこに総一が現れます。

ずっと北川親子のあとをつけていたのでしょう。

そらと総一の会話する様子から、そらが以前、402号室のドアの隙間から総一を見たことがわかります。

このとき、402号室のドアにはチェーンがかかっており、視聴者からは総一の表情や服装がわかりませんでした。

しかもドアが開いたのは一瞬で、すぐに勢いよく閉じられています。

当時監禁されていたはずの総一が、なぜドアのそばにいたのか。

チェーンがかかっているということは、通常なら榎本夫妻のどちらかが部屋のなかにいたはずです。

外出するときにはチェーンはかけられませんから。

それに、両親の不在時に総一が監禁場所から出られたとして、なぜチェーンをかけたままドアを開けようとしたのか。

『脱出』が目的ならばそのまま出ていけばよかったはずです。

あのとき総一は、ひとに見られるとまずい格好をしていたのではいないでしょうか。

そらが戻らないことを怪しんだ澄香は、慌てて息子を捜し、店の出入り口付近で見つけました。

そらは何やら白い紙を受け取って、それを澄香には内緒でポケットにしまいます。

紙には『いっしょにおまつりにいこう』と書かれていました。

第一話でそらが管理人室の物音に気付いたり、倒れた車椅子を見かけているシーンがありました。

彼は無意識にマンション住人の秘密を知ってしまったかもしれないですね。

水城は早苗に山際殺害後の藤井脅迫について取り調べます。

藤井の部屋に侵入した方法がわからないからです。

早苗がやったのではなければ夫かそれとも、と続ける水城に、早苗は突然山際殺害当日の流れを語り始めました。

音声が途中から絞られていく演出により、その全容は視聴者には明かされませんでした。

その頃、藤井は勤務先で田中殺害時のアリバイとされているカルテを閲覧していました。

そこに桜木が現れます。

警察から問い合わせがあったことや、当直でもない藤井が診察したというカルテの存在について話す桜木。

彼女は藤井に有無を言わせない雰囲気で詰め寄ります。

事実を話すように言われた藤井は、ついにその口を開きました。

桜木のポケットに光る赤いランプは、おそらく録音機器でしょう。

久住の入院する警察病院には、柿沼とあいり、そして翔太が来ていました。

意識を取り戻さない久住のもとへ何度かお見舞いに来たようです。

柿沼たちは、生前浮田が久住とふたりで会っていたことから、手掛かりを探すために通っていた模様。

病院からの帰り道、翔太は柿沼から重要な手掛かりを耳にします。

『遺体が笑っていた』と。

菜奈や赤池夫妻にも共通することから、翔太は二階堂のもとへ行きすぐさまそのことを伝えます。

二人は赤池夫妻の亡くなった現場である502号室へ。

南は陽気に出迎えますが、凄惨な現場の名残を目の当たりにしてさすがの翔太も戸惑っています。

引っ越したばかりだからか、もとから生活するための場所ではないのか、部屋は殺風景で、カメラが設置されていました。

彼はこの部屋で何をしているのか。

南から赤池幸子の居場所を問われた翔太は、お決まりの胸を掻く癖をしながら『知らない』と答えます。

その後、ひとりで幸子のもとを訪れた翔太。

幸子の世話をする江藤いわく、親戚は幸子のことに無関心なようす。

彼女の美里への態度から、周囲に嫌われていても不思議はないですね。

翔太を覚えているのかいないのか、『一緒なの?』と訊ねる幸子。

彼女が記憶していて翔太と一緒にいるひとといえば菜奈ですが、幸子が言う『あの子』は菜奈ではなさそう。

幸子に『似合ってる』といったことがあるらしいのですが、誰のことでしょう。

そして翔太は幸子に、『誕生日の夜のこと?』と訊いてしまいます。

錯乱した幸子はまた『ジュリア』と叫ぶのでした。

一方、二階堂とともに大学からマンションへ帰った黒島は、ロビーで総一と出くわしました。

総一は『ともだち』に会いに行くと言いますが、この『ともだち』が指すものは、我々が日常で使う『友人』の意味とは違うように感じます。

総一が犯人で、殺しを遊びと捉えていたとしたら、『ともだち』が次のターゲットだとしたら、黒島が危険ですね。

そして総一は二階堂に挨拶することもなく、一瞬目線を向けただけで、その場を去るのでした。

幸子の叫びと、意識を取り戻した久住の絶叫に合わせて、桜木が袴田殺害の最後の犯人であることが明らかになり、本編が終了します。

あなたの番です13話考察!南は被害者遺族なのでは!?

袴田殺害はシンイーが依頼したわけではなかったんですね。

田宮がいまも抱えている秘密については、彼の言動を怪しんでいる妻・君子によって明かされるかもしれません。

殺害方法から、管理人殺害は菜奈を殺した犯人とは別人でしょう。

第一章のOP終盤で口角が上がる描写があったことから、物語の終着点としては菜奈たちを殺害した犯人は最後までわからなさそうです。

二階堂は翔太から遠まわしに『変人』と言われたり、匂いの話から『黒島への恋』を指摘されたりしていてかわいかったですね。

今後、菜奈を殺した犯人が見つかり、逮捕されるなり復讐が完了するなりしたあと、二階堂の存在が翔太にとって有益なものとなることを願います。

翔太はエレベーター前で助けてくれたのが蓬田だと勘違いしてそうなので、誤解の解ける展開、二階堂の活躍がまた見られると期待。

黒島を追うストーカー男は、彼女の元彼が亡くなったこととも関係あるような気がします。

もしも手塚夫妻が引っ越してくるより前に、マンション内ですでに事件が起きていたとすると・・・。

その被害者遺族として南がやってきたのかも、という突飛なことを思いました。

あらすじを見ていく中でも、まるで事件を探るような態度で普通な感じではありません。

あんなに事件のことを知っているのもおかしいと感じます。

twitterでは、南はyoutuberと言う予想のツイートがたくさん出ておりますが、実は被害者の遺族なのではないでしょうか!?

あなたの番です13話 その他の考察

江藤は大きくストーリーに関与してきませんが、なんの関わりもない幸子の世話をしたり、彼女に『似合ってる』と言っていたり、菜奈のPCをハッキングできるであろう人物だったりして、怪しさが増しているので、要注意人物です。

翔太の菜奈ちゃんへの愛情の深さがわかるシーンは胸が痛みますね。

黒島黒幕説も根強いですが、二階堂に翔太と同じ思いはしてほしくないと強く思います。

次回の放送まで二週間ありますから、考察もヒートアップしそうですね。

まだまだ回収されていない謎が多いので、目が離せません。