「あなたの番です」考察!尾野幹葉の部屋にある小物入れから出た鍵は何処の部屋?!

あなたの番です-反撃編

尾野幹葉は、301号室に住んでいる25再独身の女性です。

尾野幹葉を演じるのは、女優の奈緒さんです。

18話で尾野幹葉の部屋にある気になったものなどに関して、考察していきます。

「あなたの番です」考察!18話で尾野幹葉が303号室の鍵を小物入れに入れていた理由


「あなたの番です」18話で尾野幹葉の部屋にある小物入れが、床に落ちたときに色々なボタンと鍵が散らばりました。

その中には、手塚菜奈の服についていた黄色いボタンと、303号室の部屋の鍵と思われるものも見えました。

鍵が303号室のものであるなら、尾野幹葉は自由に303号室を出入りできたと思われます。

第9話でも田宮淳一郎が302号室を訪ねようとしたときに、空き室の303号室から尾野幹葉が出てくる姿を目撃します。

ひょっとしたら、この部屋には内山達生と尾野幹葉が、計画的な反抗をするための会議室みたいに使っていた可能性があります。

空き室にはパソコンがあり、そこから内山達生に連絡をしていたような気がします。

ですが、こういう予想には穴があります。

それは、わざわざ303号室でパソコンを使い、内山達生と連絡をする必要はないのではないかというツッコミも考えられる推測ですね。

じゃあ、内山達生が根城にしていて、殺人をするため303号室に一時的に内山が住んでいたと考えれば、まあまあ、辻褄が合いそうな気もします。

さらに、303号室なら大好きな黒島沙和の斜め前なので、盗聴器も仕掛けやすいですし毎日見ることが出来ます。

しかも、黒島沙和の自宅からストーキングできるのも、最大のメリットだと感じますしストーカーならやりかねません。

そこで手助けをしたのが、尾野幹葉だったのではないでしょうか。

しかし、第9話では自分の部屋の鍵を開ける素振りをしないで、そのまま入ってしまいました。

第18話まで見続けたなかで、尾野幹葉が自室の鍵やチェーンロックは、必ずしていました。

そうしたところを見ると、かなり用心深いと予想できます。

どうして、尾野幹葉が303号室の鍵を持っているのかといえば、「扉の向こう」で空き室になる前に住んでいた佐伯と婚約者の舞島がいました。

尾野幹葉は佐伯を気に入って、いろいろな手段で舞島と佐伯を別れさせることに成功したのです。

そして、尾野幹葉と佐伯と付き合うことになった途端に、尾野幹葉は料理を作らなかったり寝ているときに、佐伯にヘナタトゥーを入れて好き放題しました。

尾野幹葉と佐伯は破局しますが、そのときに手に入れたのが303号室の合鍵ではないでしょうか。

その時の鍵が小物入れから、出たのだと予想します。

「あなたの番です」考察!尾野幹葉が常にドアのチェーンを付けて対応しているか考察

尾野幹葉に関しては、色々と怪しい部分が多いです。

ドアにチェーンを付けて来客対応をするというのは、たしかに自然な行為でしょう。

ですが、よく知っている人に対しても、ドアにチェーンを付けるというのは不自然ですよね。

ドアを完全に開けると、なにか見られてはマズイものがあるとか、そういう感じもします。

本編でも「扉の向こう」でも人を部屋に招いているので、見られたくないけど簡単に隠せるものなのかもしれませんん。

そう考えると、18話の小物入れなどが、それにあたるのでは無いかと予想します。

しかし、19話予告ではミスリードっぽい感じになっていますね。

尾野幹葉はなんらかの殺人ルールを知っていて、次は自分の番だと気づいているのかもしれません。

なので、住民相手でも誰かわからない黒幕に対して、怯えている可能性もあります。

19話の予告を見る限り、尾野幹葉はミスリードっぽいですが、個人的には尾野幹葉が怪しい感じがします。

「あなたの番です」考察!床に散らばったときの鍵は何処の部屋?!まとめ

尾野幹葉に関しては、色々と怪しい部分が多いです。

19話では303号室のことや、小物入れに入っていた鍵や黄色いボタンの謎が、明らかになるかもいしれません。

住民相手でもドアにチェーンをして、来客対応をしているということは尾野幹葉自身も、犯人が誰か分かっていない可能性があります。

でも、殺人には何らかのルールがあり、それに気がついた尾野幹葉はドアにチェーンをして、来客対応をしていると考えられます。

じゃあ、犯人は一体誰なんだ?という感じですが、19話から明らかになるかもしれませんね。

>>「あなたの番です」18話犯人は誰?絞り出された黒幕候補4人

>>あなたの番です反撃編考察!3つの不可解な謎に迫る!

>>あなたの番です反撃編、内山達生は自殺だったのか?考察してみた!

>>実は手塚菜奈は生きていたという考察をしてみた!